So-net無料ブログ作成
検索選択

シャトーレオヴィル・ラス・カーズ 1993 [ボルドーのワイン]

フランスボルドーの5大将軍の1人、ラトゥールさんのとなりにお住まいの、

シャトーレオヴィル・ラス・カーズさんです。

CS65% M18% CF14% PV3% というフォーメーションです。

ボルドーワイン伝統と看板は守ってやるわい!とでも言いそうな

質実剛健な古典的、戦国武将風(←イメージ)格付け2級ワインです。

1993年はあまり良いヴィンテージではないのですが、それもまた歴史の味わい。

(まだかろうじて現実的なお値段ですしね…)

マンツーマンでこうして向き合うのも、とても好きな時間です。

開けてみます・・・ポン。

さすがにコルクは激長いです。小学6年生の薬指と同じくらい長いです。

液色はド紫です。深い。

カシスとか、かすーーーーかにチョコぽい残り香。

そのあとは熟成ボルドーの典型的な湿った土、つまり大自然=ERATHな香り!

とはいえ、果実味もまだ味わいのど真ん中に、ドーンといらっしゃいます。

タンニンの量と、味わいの凝縮感、あわせもつ柔らかさは、

さすがにこのクラスでないと持っていない魅力な気がします。

問答無用の美味しさです。

バランスとまとまり、熟成でまろやかになっているために、

ものすごく飲みやすい。

ぐびぐび、スルスル、ぷはー!です。

これぞ力強さと典雅でござる。

ちょうど飲み頃?

肉感的で現代的なスタイルのワインにはない、

寡黙なプライドと月日が重ねてきた味わいを堪能しました。

伝統は、ブレない。

※1993年の9月は、平均降水量の3倍も雨が降ったそうな。
 それでも、なのだからスゴイ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。