So-net無料ブログ作成
検索選択

ドメーヌ・クロ・ノワール ブルゴーニュ・パストゥーグラン 2005 [ボルドーのワイン]

今夜のゲストは・・・

ピノノワールのガメイ割りであるところの
「パストゥーグラン」さんです!!!

※明日の夜は、お酒の席が待ち受けているので、
今夜は軽いものが飲みたくなったのです・・・。

リアルワインガイドという雑誌
「パストゥーグランなのに美味しい!」と書いてあって、
ミーハーなので買っておいたのでした。2000円くらい。

このつくり手のワイン、じつは
去年ブルゴーニュに行ったときに飲ませてもらってました。
思いっきり忘れてました。(苦笑)

かなり薄い抽出なのでしょうか、
液色は底のほうまで透けそうな感じです。
薄い紫から薄黒紫。

チェリーのままの
カワユス(@しょこたん)でキュートな香り。

ふわーんふわーんと軽くうわついているのではなく、
しっかりと深めにおとなしくやってきます。
おしとやかで清純派です。

ちなみにグルグルとグラスを回しすぎると
ガメイの香りがちょいと見つかってイヤーンな感じです。

ゆっくりゆっくりまわしたり、そっと見守りながら15分。
香りはチェリーぽいのから黒いほうの香りへ50%越え。

香りには本当に若干だけどチョコぽい甘みが。
量的にいうなら、チョコのひとかけら程度。(笑)

アルコール度数12.5だからか、
清涼感もあって、ずーっと心地よいです。
(ちょっと日本のワインにも通じるかも)

30分くらいチマチマと飲んでいると
かすーーーーーかに樽の香りがあるような。

色は紫だけど、香りは赤&黒系です。

もう、そのあとはバランスの良いままで、
ずっと美味しいです。

エマニエル・ルジェやルー・デュモンのパストゥーグランを飲んだときも
「ぬぬ!」と思ったけれど、それ以来かも。

カレーにトマトを使うと飽きない味になるように、
ガメイの渋さが上手にコントロールされていて、
味を〆(しめ)ているイメージでした。
(うまく表現できないんですけども。)

1時間たつと、もうとまらない美味しさです。
果実の甘みが20%増量中です。

相変わらず、酸と軽やかなスパイスのニュアンスが
スキップしているようなバランスです。
ヘタなピノより美味しいです。

これはまた飲みたくなる癒やし系ワイン、
かっぱえびせん並に、とまりません!!!
旨味成分で脳みそが微笑みまくっているようです。(笑)

ワインって飲んでみないとわからない。
いろんな美味しさがあって面白い。

薄くて物足りないのではなくて、
足取りが軽くて果実の味もしっかり。

好きなセンスのワインなので、
上のワインも飲みたいです。(^-^)

追記)
ミスった!!!2日目のほうがコクがでて美味しいではないですか・・・うう・・・

さらに追記)
やばい!やばすぎる!これはすごい美味しい!!!

※調査すると・・・

現オーナーのセドリック4代目で、1997年ボーヌの醸造学校、1999年に
ブルゴーニュ、 カリフォルニア、ラングドックと研修を経て、2000年に 
ドメーヌを引継ぐ。畑は100% ビオロジック、醸造はナチュラルな方法を実践。
現在はドミニク・ドゥーランにもワインを売る実力派。
樽は新樽ではなく6~7年使用樽を使用。
マロラクティック醗酵が自然に終わるまで樽熟20 ヶ月。年産600本。

※読売オンラインでも取材してありました。

「ハウスミュージックを好む清貧の若者」
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/drink/chateau/20070628gr06.htm


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。