So-net無料ブログ作成
検索選択

日本のワインを、なぜ好きか。 [日本ワインに思うこと]

風邪で寝込んでいるので、
おふとんの中から書いています。ゴホゴホ。

某mixiのコミュニティで議論があったので
そこに書き込んでみたことを元にしてみます。
(※超個人的見解です)

日本のワインはいま
日本の畑で取れたブドウだけでつくった「純国産ワイン」から
海外のブドウや果汁を輸入して混ぜてつくる「日本でつくったワイン」まで
とっちらかっています。

アメリカから仔牛を連れてきて「和牛」と呼ぶとか、
静岡うなぎの稚魚は、じつは中国生まれなんですとか
そういう議論と似ているものがあります。

外国のブドウが混じっているから、こいつはダメだ。
純血ブドウだけでできているから、こいつはOKだ。みたいなもんですかね?

国内で一生懸命に素晴らしいブドウを作ってらっしゃる方もたくさんいて
一生懸命につくったブドウが、どこのものともつかないブドウと混ぜられる。

もちろん許しがたいことですよね!
僕もその立場だったらおなじ感情になるはずです。。。

人件費やコスト、生産環境のハンデがありつつ、
かぎりなくフランスなどのワインとおなじ価格で販売されていることは
言葉では言い尽くせないほどの想いがします。

(流通の方も利幅が少ないはずなのに…
 でも、もっとどこでも買えるとうれしいです!)

それを十分承知の上で、です。

「コレは正しいワインだ。コレは悪いワインだ。」と
送り手が言ってみたところで、買う買わない、飲む飲まないの
決定権を握っているのはどうしたって消費者だと思います。

たとえば、
「そんなに自由になるお金は無いけど、やっぱワイン飲みたい。
 今日もちかくのスーパーでいつものボンマルシェを、っと。」
という飲み方について誰もとがめられる権利はありません。

そのワインがたとえ輸入バルク使用でも、そういう消費層がいて
実際そこからの売上によってメーカーが立っている事情もありますし。

純国産ワインかどうかをわざわざ調べて、
1本3000円のワインを月に何度も飲める人は
わりと限られているような気がします。

そういう意味では、フランスワインと比べてブツブツ言っている人だって、
純国産ワインが美味しければ高くても買うだけの可処分所得があると思います。

ところで、純国産ワインのライバルってどこなんでしょうね?
輸入ワインなのか、ビールなのか、焼酎?富裕層?低所得者層?

安いワインはダメなワインでしょうか?
そういうワインを担当している人だって限られた条件のなかで
もっと美味しく作りたいと奮闘していると思います。

1ヶ月に1万円の予算しかないワインLOVERには、
その予算内に収まる最高のワインをメーカーは作って欲しいですし

もちろん純国産ブドウでフラッグシップなワインもつくって
「日本ワインここにあり!」という魂もみせつづけてほしいです。

すこし話がそれますが・・・

僕は、たとえばフランスワインを飲むときには
初めて飲む作り手のワインは、たいていACブルゴーニュにします。

グランクリュだけが美味しくて、
テーブルワインはおざなりにしている作り手には
悲しくさせられるからです。(逆の場合は超感動です!)

これはべつにワイン作りだけに限らず、
どんな職業でもおなじことだと思います。
人間性や姿勢が透けて見えます。

最近、中国やイギリスにブドウ畑を買っているフランスメーカーも
増えてきていると聞いたことがあります。

国土が狭い日本を省みたとき、
いつの日か日本人魂を抱えた日本人が海の向こうの土地
僕たちに美味しいワインをつくり届けてくれる日もくるかもしれませんし、

そのとき純国産ワインも切磋琢磨して
うれしい選択肢が増えている状況が誕生していればとてもうれしいです。

きっとそうなればフランスワインに流れているお金も
こちらへやってくるようになるかもしれません。

表記に関してはシンプルに
「ブドウ品種、その生産地、ブレンド比率」だけ書いてあれば、
知りたい人は、最低限の情報は取れるのではないでしょうか。

いまさら法律を作ったところで
その法律にいきなり準拠できるだけの資金力と時間は
途方もない気がしますし、必要もない気がします。

話の最初にもどりますが、
日本のワインをとりまく環境は、
さまざまな混乱から抜け出す過渡期にあるように思います。

だけど、この先、
栽培家と醸造家、農家とメーカーが、高くて強い志を共有しながら切磋琢磨して、
きっと美味しいワインができると信じて、飲みながら、待つことにしようと思います。

つくり手のみなさんが海外で身につけた武器を
存分に発揮されていくこれからだと思いますし、

その新しいはじまりの時期に、
こうして立ち会えることは幸せですし、

日本のワインが美味しくなっていく道のりを
消費者の1人として応援しながら過ごせる事はとても楽しみです。

画像 135.jpg

(ああ・・・風邪ひいていてグダグダの長文ですいません。しかも素人ですいません。)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。