So-net無料ブログ作成

たこやきのひとりごと(1) ワインは自由でワイン会は宴会だーっ! [日本ワインに思うこと]

このブログですが、知らないあいだに、
毎日1000アクセスくらいになってました。

なんかちょっと、
恥ずかしいような、嬉しいような、緊張するような、です。(^-^;)

アクセス数に応じてソネットポイントなるものが貯まるようなのですが、
いま調べたら、お米券(1kg)とかと交換できるみたいです。

感謝のお礼に、今度のワイン会には、
おにぎりを作って持って行こうと思っています。(笑)

昨夜は僕が地道に主催している
『美味しく進化する日本ワインを飲み干す会』でした。

毎回、飲むワインについての情報?を事前に
なるべく主観のない感じでA4にまとめて書いてお配りしているのですが、

ついついいろんなことを伝えたくなってしまって、
ついにA4におさまらなくてA3になってしまいました。(苦笑)

「いったい、どんな動機で続けているのですか?」と
聞かれることがあるのですが、

それは日本ワイン協会から毎月3万円をもらっているからです!

というのはウソです。
そして、そんな協会もありません。(笑)

どうしてワイン会をやっているか…

それは、自分がやりたいよーにやりたいから!(ダメ?)

僕は、僕のワイン会で、
ウンチク話の時間は少なくしたいんです。いや、マジです。

せっかくの巡りあわせて席を隣にしているのに、
一方向に話が進むワイン教室みたいなことやってもしょーがないやんけ、と。(関西弁)

ワインのことを知っていようが知っていまいが、
お互いになんの気兼ねも遠慮もなく話ができて、

美味しいですねーとか、いまいちかもーとか、
へーとか、ほうーとか、わははとか、むむーとか、

それで十分やないかと思ってます。

あと、僕は、参加者全員とお話がしたいというのもあります。
(なもんで、大人数の会はなるべく避けています。)

もちろん、できるだけ目の前のワインについて伝えたいと思ってます。
(あんまり知らないですけどね…)

でも、そういう、ワインのためのワインの時間みたいなのって
あんまり意味ないし、知りたい人とそんなに知りたくない人がきっといるし、

時間もったいないし省略したいなーと思って、
そんなこんなで、僕が口を開いて話したいことは、もう、できるだけ紙に書いてしまっています。

そうしたらA3になってしまいました。(^-^;)

でも、その省略できたぶん、みんなでワインのこととか、
ワインじゃないこととか、いろいろ話したほうが楽しいもんねー!(若者調)

いや、でも、ホントの話、

ワインに限らず、スポーツとかでもそうですけど
情報があったうえで見てると、いっそう楽しいですよね。

でも、解説が過剰すぎると、ウザくなってしまう。

一時期、外部のワイン会に
偵察がてらよく参加していたことがあったのですが、

ウンチク合戦みたいになっているワイン会が
どーーーしよーーーもなく、つまらなかったんですね。

「知ってても知らなくても、飲んだことがあってもなくても、
 そんなもんどーでもええやないか、うっさいなー!」

と、心のなかでつぶやいたことは
記憶しているだけでも10218回くらいありました。

いや、ワインスクールとかなら良いと思うんです。

お金払って、みんなで先生のほうを向いて、
なるほどなるほど、さすがです、みたいな。

でもワイン会は、相互交流の飲み会でしょーよ、と。

以下、体験に基づく、
もう勘弁してほしいと思ったワイン会分類です。

●ワインゲームなワイン会。

いい大人のウンチク合戦を聞いていると、なんか、
ムシキングの好きな小学生が、どっちが強いカードか?競争をしているみたいな状況です。

●ワイン教なワイン会。

スゴイと言われているワインを飲むほどに魂のステージが上がる!
飲むぞー飲むぞー飲むぞー!みたいな、
なつかしい新興宗教ぽい香ばしさを感じてしまうのです。

●ワイン研究会なワイン会。

やたらと真顔で分析的に飲むことに終始する
ワイン研究会まがいのワイン会とかも嫌いでした。

●料理研究会なワイン会。

議論のわきに放置された、せっかく作っていただいた
その料理の立場はどうなってんの?と思ったりもしました。

その割にはマリアージュが・・・とか言い出すなんて
本末転倒すぎて複雑骨折しそうでした。

個人的にはワインありき、なので、
マリアージュとか食べ合わせ的なところに敏感ではありません。

最強レベルの酒飲みは、塩があればよいそうです。(アル中?)

●ワイン道なワイン会。

ワインとは深くて難しい…まあその…ゴホン…
と師匠が弟子に語る会。ワインが「おけいこごと」になっちゃってました。

●夢見るファンタジーなワイン会。

いわばロマン派・・・でしょうか。

●某ワインスクールの同窓会なワイン会。

そちらはそちらで集まってやってくださいよ・・・みたいな。

ちなみに2ちゃんねるでは内輪の空気が濃くなりすぎると
「馴れ合い」といって微妙な目線でさらされることになりますね。

●ヒエラルキーなワイン会。

このワインの良さがわかるには、
もっと人生経験を積まないとねえ・・・がっはっはっ。

そして、
自慢とアイデンティティーの補強材にされるワインたち・・・。

おしなべて、ワインにまつわるヒエラルキーを
人間性のヒエラルキーとダブらせたがる人が多いのは、どうしてなんでしょうか?

・・・。

ワインは自由であり、ワイン会は宴会である。
僕のワイン会は、そんなスタンスです。そんなもんです。

それでOK!と言ってくださる方は、
ぜひ一緒に飲み干してください!

なんて言ってたら
誰も居なくなったりして・・・ひゅるるる・・・(汗)

そうなったら家で1人で飲み干してやる!(ヤケっぱち)

ワインなんて、自由だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!










と、心のなかで、ひとしきり叫びましたところで、
本日はパソコンの電源を切って眠ろうと思います。

おやすみなさい・・・ポチっ。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ナツ

先日は、ワイン会なるものに初めて参加させて頂きました。
ワイン会とは、ワインの話メインなのかとドキドキしてました。
うんちく合戦はいただけませんが、それなりに知識を披露して頂けると、さらにワインに興味が湧くように思います。
ともあれ、楽しく食事をするにワインが貢献し、集まった人達と楽しく過ごすって素敵です。
今度は素直に日本ワイン宴会に参加したいですね♪
by ナツ (2008-06-07 14:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。