So-net無料ブログ作成

シャトレーゼ勝沼ワイナリー戸澤一幸氏を囲む会@「m.m」横浜関内、の第二部に行ってきました! [ワインイベント]

戸澤一幸さん。

たこやき坊主的には21世紀の日本で
最注目&要注意の1人です。(大げさ!?)

シャトレーゼ勝沼ワイナリーというところで
地縁のある老舗でもなく資本のある大手でもない

苦戦を強いられるポジションから、
素晴らしいワインを繰り出しています。

「東京でぜひメーカーズディナーやってください!」
とお願いしておきながら、仕事の都合であえなく参加できず・・・スミマセン。

そして、続く7月22日@横浜は関内で開催された
シャトレーゼ勝沼ワイナリー戸澤一幸氏を囲む会。

>http://www.winechu.com/winechuevent/000839.html

どうしても都合がつかなくて参加できなかったのですが、
ひきつづき関内の「m.m」で開催された第二部から突入してきました!

「m.m」 http://r.gnavi.co.jp/g896310/

NEC_1502.jpg

お店に到着すると、すでに各方面から20名を越える方が集まっていて
店内の熱気とアルコール濃度はすでにヒートアップしてました!

NEC_1505.jpg

いただいたのは・・・

●「勝沼人の大地2006(白)」

シャトレーゼさんのワインじゃないんですけど(苦笑)
ものすごい甲州です。いうなれば、フルボディの甲州。

勝沼のネゴシアンこと、新田商店さんプロデュースで、
同級生の内田さんの葡萄を勝沼醸造にて仕込んだワイン。

赤と白が販売されていて300本という限定モノ。
もちろん新田酒店さんでのみ買えます。2600円ナリ。

●「手造りワイン さちこ」
大阪のワイナリー:仲村ワイン工房さんのワイン。奥さんの名前です。
あいかわらずフルーティーでウマイです。横浜のワインショップで激売とか。

●「がんこおやじの手造りワイン」
これも仲村ワイン工房さんのワイン。ベリーAにカベルネなどがブレンド。
ここまで濃ゆい完熟ぽい葡萄が造れるんですか!という、日本を揺るがすワイン。(笑)
2000円以下というお値段もスゴイ。

NEC_1503.jpg

●シャトレーゼ/甲斐ノワール/2005
ぜんぜん若くて強い。でも、従来の野性味の甲斐ノワールとはちがった、進化形。
いまの時点で美味しい甲斐ノワールを造っているワイナリーの一つだと思います。

●シャトレーゼ/メルロー/2003
これは家にもストックしているので、このタイミングでも飲めてラッキーでした。
美味しいウイスキーとおなじく、しっかりだけど&なめらか、という。これはイイです!

●シャトレーゼ/カベルネソーヴィニヨン2002
ヴィンテージの記憶が・・・あいまいかも。(汗)

●シャトレーゼ/甲斐ノワール/1998
これは超貴重な一本!
なんせコルクには、戸澤さんがかつて修行されていた丸藤葡萄酒の刻印が…。

12年熟成されているのに、バリバリの力強さはもうないものの、
とてもマイルドで、それでも、まだ余力が残されている感じ。

酸と果実味の熟成曲線が、どれだけいっしょに添い遂げ続けるか。

そうでなければ酸だけが目立つようなバラバラな熟成になったりもしますし、
そういう意味ではこのワインはちょうどいい飲み頃だったのかも、とは戸澤さんのコメント。

甲斐ノワールという品種は、個人的にはすごく可能性がありそうだと思っているのですが、
これだけ熟成されたものを実際に口にしてみて、さらに実感しました。

はからずも、デニスギャスティンさんがセミナーでおっしゃっていましたが
甲斐ノワールとメルローのブレンドというのは、カベルネが厳しい日本においては

ベストマッチングなのかもしれません。(いや、素人考えですけどね!)
メルシャンのベリーA&メルローの組合せの成功例もありますし。

メーカーズディナーの依頼&誘いだしておきながら欠席したことについて
厳しく戸澤さんにいじられてしまったりしつつ(苦笑)・・・

さらに第三部へ会場移動!

「国産ワインの消費量を増やす会」会長ことキヨさんが
発信基地にしている「コンズコーナー」へ。

コンズコーナー@横浜関内 http://r.gnavi.co.jp/a969600/

夜もふけるにつれて、自称:口下手(笑)な戸澤さんから
書けないような深い話なども聞かせていただきつつ。

むむー。

笑顔の裏に、潜んでいるものは、ある。

いろんな問題や障害はあるのだけれど、
戸澤さんは、やはり「正攻法」の人なんだなあと。

とても印象的だったのは

研修を受け入れてくださった丸藤さんへの
変わらない感謝の気持ちや、

「人生は短い」という一年一年のワイン作りへの覚悟を
元旦にしたためた書初めをワイナリーのロッカーに貼っているというエピソード、

収穫にゲストを招くワイナリーもあるなかで、

「一年をかけた作業の最後の瞬間までできるだけのことを
 追求したいので、収穫はあくまで自分たちだけでやります」

と一瞬の揺るぎもなく即答する姿勢に、
道の極みを目指す者の、妥協しない意志を感じました。

なーんて。

「鳥居平 甲州シュールリー2006」が北海道洞爺湖サミット G8エネルギー大臣会合の
ワインテイスティングコーナーに採用されました。というニュースもあったりして、

きっと今年の国産ワインコンクールでも賞をいくつも取ることでしょう!

シャトレーゼのワインに出会ったら、手にとってみてください。
勝沼を訪れたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

とりあえず→楽しいですから!(^-^)
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

mimi

先日はご参加ありがとうございました!
真夜中の戸澤さんトーク、素敵です。
まっすぐ前を見つめる戸澤さんの顔が目に浮かぶようです。
沢山の人がシャトレーゼのワインを飲んでくれるといですね!

by mimi (2008-07-31 17:16) 

たこやき坊主

>mimiさん

こちらこそ飛び入り参加させていただいてありがとうございました!
おかげさまで、メチャメチャ楽しかったです!

シャトレーゼ勝沼ワイナリー(正式名称)のワイン、
もっと知られていって、飲まれていってほしいワインですよね。(^-^)/
by たこやき坊主 (2008-08-01 08:05) 

Ray Ban RB7019 Frame Sunglasses

I have been checking out some of your posts and it’s nice stuff. I will surely bookmark your website.
by Ray Ban RB7019 Frame Sunglasses (2013-06-07 10:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。