So-net無料ブログ作成
検索選択

「世界の中の日本、アジアの中の日本」セミナー@日本ワインを愛する会 [ワインイベント]

画像 015.jpg

ものすごい内容と情報が濃かったので(汗)
ギャスティンさんのお話を拾いきれているかはわかりませんが。

↓熱く語るデニスギャスティンさん(と通訳の方)

画像 030.jpg

画像 016.jpg

■アジアでワインが造られ始めたのは250年前。
 中国でも、ようやく19世紀から。

 遅れた理由は
 (1)宗教の違いによる伝播の遅れ
 (2)ヨーロッパと交易する港が限られていた

 1967年に、はじめて現代的なヨーロピアンスタイル
 シャトーチャンインが山東省に存在していたものの、

 ボルドーから本格的に技術が転移されだしたのは、
 ようやく1980年以降。
 
 現在アジアでワインを生産しているのは12カ国。
 ワイナリーの総数は800(うち400以上は中国に)。

 さらに100以上のワイナリーは
 まだワインを造り始めて10年以内。

韓国

 韓国には11のワイナリーが存在。
 最大の生産者はマジョアン。
 
 しかしまだ輸入バルクで造っている段階。
 2位のシャトーマニー、3位のデイブーは、ともに協同組合形態。

 ギャスティンさんのお気に入りの生産者は
 イーストオブエデン。100%山葡萄のワインを造っている。

■ヴェトナム

 ワイナリーの多くは南部のダテルにある。
 カーディナル種から造っている。

■インドネシア

 あのバリ島にも3つのワイナリーがある。
 そのうちの1つはフランス人醸造家が造っている。

 デザートワインに関しては
 ロンドンインターナショナルでも銀賞を獲るほどの実力。

■台湾

 いま注目すべき生産国。政府の強力な主導のもと、
 ブドウ栽培がどんどん推奨されている。

■スリランカ
 
 ブータン王国の王族経営のワイナリーがある。
 技術はオーストラリアからどんどん吸収している。

■ミャンマー

 5年前にできたワイナリーが1つ。 
 1年前にできたワイナリーが1つ。

 ドイツ人が投資。 標高1300mのところでワインが造られている。
 現在80品種が栽培され、最適品種をさがしている。

 カベルネ、シラー、ドルンフェルダー、テンプラリーニュ
 シャルドネ、バルベラ、なかでもマスカットに良い結果がでている。

■タイ

 1993年からワイン作りが本格的に。
 生産地は北緯8度~15度の範囲内に集中。

画像 022.jpg

画像 023.jpg

 バンコクのサイアムワイナリーでは
 畑が水路で囲まれている「水上畑」で栽培。船で周囲を移動。
 
 ↓すごい!っていうか葡萄が水を吸いまくりやないですか!
   世界のセオリーに反するとは、さすが魔法の国、タイだ…。

画像 025.jpg

画像 027.jpg

画像 028.jpg

 良い結果を出している品種は
 白は、マラガブラン種(セミヨンに似ている。葡萄の粒が細長い)。
 赤は、ポックダム種(ブラッククイーンに味わいが似ている)。

 ラオスの近くにあるシャトー・ド・ロエイは
 建設会社が投資する現代的なワイナリーで注目。
 シュナンブラン、シラーを作っている。

 その他、挙げるとすれば、
 カオヤイ国立公園の近くにある3つのワイナリー。

 シンハービールが経営するカオヤイワイナリー。
 ヴィレッジワールワイナリー。
 グランモンテワイナリー。
 
 注目なのはグランモンテワイナリー。
 わずか5haの畑を25人が担当している。

 ここで造られているのはシュナンブラン、
 シラー、コロンバール種。

 さらには中部のシャラランワイナリー。
 チェンマイにメイチャンワイナリー。

■インド

 ムンバイの近くに450ものワイナリーが。
 ナシックとフネエリアが注目に値する。

画像 020.jpg

画像 021.jpg

画像 029.jpg

    ↑なんか、よーく見ると、真ん中にゾウ?がいるんですけど…。

 シャトー・インダーシュ。
 1980年代にできたインド最大の生産者。
 主にフランスの技術を導入してスパークリングワインを造っている。
 シャルドネ、ユニブランがメイン。ピノノワールは難しい様子。

 スラ・ワイナリー。
 ナシックエリアに存在。
 シリコンバレーのコンピュータ業界で成功したオーナーがその財産で1993年に設立。
 1998年がファーストヴィンテージ。年産25万ケース。
 アメリカでの影響を受け、単一品種での個性を引き出すことを目指している。
 ヴィオニエ、リースリングの生産にも乗り出している。赤は主にシラーズ、ジンファンデル。
 マルベックの発売が迫る。シラーズよりもマルベックに良い結果が出ている。

■中国

 INAOの資料によれば、
 もう、世界第6位のワイン生産国になっている。
 
 北京の北の内陸部からワイン栽培がはじまった。
 ほとんどは色づけや味の添加などがなされており、
 ハーフジュースワインと呼ばれていた。

 2006年から新しい法律が制定され、
 こういったものはワインという呼称を使えなくなった。

 中国全土での葡萄畑の面積は45万ha。
 これはアルゼンチン+チリの合計面積よりも大きい。

 そのうち、現在は、7万ヘクタールがワイン用。
 これはオーストラリアの畑の半分に相当する。

 トンワ・ワイナリー。
 日本人によって投資されたワイナリー。
 主に、山ぶどうからワインを造っている。
 
 山西省エリアに、グレイス・ヴィンヤードがある。畑面積は500ha。
 中国の投資家の投資を受け、フランス人が栽培を担当、自社畑の比率が高く、
 オーストラリア人醸造家がワインを造り、国際的評価も高くなってきている。
 
 最もエキサイティングなのがウイグル自治区。

 ヴィニサンタイム社。ベンチャープロジェクトによるワイナリー。
 1998年がファーストヴィンテージで、当時で1万ha、300トン。
 2007年には1万5000トンを収穫するに至る。

 このエリアは北海道よりも寒く、
 夏は短いが、雨がほとんど降らない。

 さらにこのエリアには
 4つくらいのワイナリーが設立されている。

 (北京に近い、主要なワイナリーが存在する山東省は台風が多く、
  実は山東省のワイナリーは、このウイグル自治区の葡萄もブレンドしている)

 エベレストに近い雲南省にも12のワイナリーが存在し、
 2つの国際レベルのワイナリーがある。そこには香港の資本が投下されている。
 150年前にキリスト教とともにやってきたローズハニー種。

 中国のワインマーケットがとても大きくなってきた。
 北京の北には中国とフランスの共同研究畑がある。30ha。
 ハーベイエリアで何が最適品種かをさぐっている。
 なかでもマセラン種に良い結果がでている。
 カベルネの骨格+グルナッシュの果実味と香り。
 (ギャスティンさんはこの品種が中国で一番良かったと言っていた)

 生産量ではグレートウォールワイナリー、
 ダイナスティワイナリー、チャンマーワインがTOP3。
 それに続く第四位がヴィニサンタイム(ウイグル自治区)。
 デイリーワインから100~150ドルクラスのものまで造っている。
 
 中規模生産者では
 ドラゴンシール、グレイス、ウェイロンが注目に値する。

 ↓整然とした中国の畑。広い!!!

画像 017.jpg

画像 018.jpg

画像 019.jpg


・・・ふぅ。

とまあ、内容てんこもりでしたですよ!

生産量ではガンガン突き進む中国なのですが、
クオリティーではインドが頭ひとつ抜けている印象。

ギャスティンさんいわく、中国とインドのちがいは
畑のコンディションをコントロールできているか、できていないかの差だそうです。
 
環境にあった品種を探していたり、現代的なつくりに変わるのには、
まだ時間がかかるのでしょうけれど、海外資本が大量に投下されているのは脅威的。

お金がすべてを解決するとは思えないのですが、
お金が近道を手に入れる手段であることは間違いないでしょう。

そして資本関係にまつわる世界的なコネクションをいかして、海外醸造家を招きいれ、
おもにフランスのワイナリーからノウハウや人材、技術を直接導入していることは

中国内部の人たちが
どうにか海外に展開しようとしているということではなくて、

最初からヨーロッパやアメリカの基準や視点を目指して、
旨みのある、おいしい卵を孵化(ふか)させようとする

手段を選ばない投資→回収の力学が見え隠れします。
すごくダイナミックな動きが、おなじアジアで発生しいるようです。 

やっぱり、味の美味しさは前提としてあるけれども、
大量生産できてゆくゆくは世界市場で売れるワインを造る可能性がある

っていうのは資本的にも人材的に注目されるんでしょうね。
近いところで言えば、14億人の中国国内マーケットもあるし。

チリとかアルゼンチンに進出したみたいに
ラフィットとかイタリアの著名グループも中国進出!?
なんてことが起こる日もきちゃうんでしょうか。

ギャスティンさんが最後に言っていたことは、

・日本のワインはこういうものだ示すワインとともに、
 コンセプチュアルな個性が必要である。

・単一品種の個性にこだわることも必要だが、ブレンドによって際立つ道もあるはず。
とくに甲斐ノワールとメルローのブレンドはきっと面白い結果をもたらすはず。
 (これはギャスティンさんと、不肖:たこやき坊主の意見が一致していた!!!)

・そしてなにより、もっとPRを。
 アジア各国のワインはロンドンの600以上のショップで並んでいる。
 日本食ブームや、ヘルシー志向の波を上手に活かして、
 日本のワイン業界ももっと積極的にセールスしていくべき。特に甲州。

うかうかしていられないぞ!日本ワイン!

・・・と思ったけど、
テイスティングしたら日本のワインの美味しさって

抜 群 で す ワ 。

とはいえ、それは今の段階でのこと。

確実に、追っかけてきてます。
たくさんお金を握ったアジアのワイナリー集団が。

いちはやく世界の中で
「アジアのワイン王国と言えば日本でしょう!」と認めてもらって

アジア代表のイス獲りゲームに勝っておくことが、
戦略的にも、すごく重要な気がしますね。

洞爺湖サミットとかで使われたワインの情報とか
ほーんと出てきませんもんね。

国内ですら耳にはいってこない。
ましてやせkっかう世界のプレスが集まっているのに、もったいない。

もったいないというか、

対外的にもっと戦略的にPRすることを
個々のワイナリーが個人戦で戦おうとするのではなくて、

日本ワイン協会とかアッサンブラージュの会みたいなところが
代表チームを組んで乗り込んでいくとか、やっていったほうがいいのでは?

だって、著名なブルゴーニュの生産者でさえ、
日本に乗り込んできてガツガツ売込みしてますもん。

毎年「今年のワインは、難しいヴィンテージだったけど、私達はうまくできた」とか
あーもうそうですかそうですかと思っちゃうほどに、商売魂ムキ出しで。(笑)

とか思いつつ、メチャ長文なので〆マス。
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

アルプスのリョー!

栽培面積で圧倒的な差がありますよね~

それに人海戦術で、低農薬やビオなんか余裕で出来そうですよね。

ただ中国の醸造場は汚いんです。ものすごく...

菌類を使った加工品(ワイン)の知識がまだ少ないんでしょうね。

様々な人が指導してるみたいですが、いなくなるといい加減になるみたいです。

難しいですが、中国ってどうなるんでしょうね...

このままだと、その内、札束で日本人は中国人に叩かれますね。
by アルプスのリョー! (2008-08-03 11:57) 

みーやん

詳細なレポートありがとうございました。所用があっていけなかったため助かります。

中国にワイナリーがあるとは知っていましたが、そんなに多かったとは。昨年、香港に行ったときにペニンシュラ・ホテルの売店でペニンシュラ・ラベルのワインを見かけました。白をつくっていたのは中国のワイナリー。確かグレイス・ヴィンヤードだっとと思います。

20年前にウイグルを旅したとき、ワインを飲みました。1200年前からつくっているとのことでした(途中長い間中断していたのでしょうが)。トロッとした甘口のワインでした。そこでワインを飲んで以来ワインにはまってしまったので思い入れ深いワインです。


余談ですが、サミットのワイン、最近ようやくプレスリリースが出ました。
http://www.g8summit.go.jp/info/lunch.html
by みーやん (2008-08-03 13:25) 

たこやき坊主

>アルプスのリョー!さん

面積、人手、設備、資金、といった
ハード面ではポテンシャルがありそうですけど、

ノウハウや技術などのソフト面でまだまだみたいですね。
ましてや技術の浸透、人員の連携、経験の蓄積などなど

あれだけの栽培面積をあらゆる面からコントロールしていくのは
まだまだ相当時間がかかるのではないでしょうか。

↑ここがワイン造りで一番大事だと思うのですが。

ギャスティンさんも「中国は、とにかくコントロールできていない」
と繰り返していました。とはいえ機械収穫よりも手摘みのほうが
安いという逆転現象は、驚異的ですね。(笑)

>みーやんさん

サミットのワイン情報ありがとうございます。
詳細を見てみますね。

グレイスワイン@中国、
いま僕が一番飲んでみたいワインなんですが、

探しているのですが国内で売ってないんですかね…
情報ありましたら、ぜひ教えてください。m( _ _ )m
by たこやき坊主 (2008-08-03 22:29) 

Cheap Oakley Radarlock Sunglasses Buy

Sorry for multiple posts, it didnt appear posting them correctly and now there’s a few…
by Cheap Oakley Radarlock Sunglasses Buy (2013-05-28 00:37) 

discount oakley outlet

I feel that I’m fairly easy to get along with. I’m happy to compromise, BUT only if the other person is as well. I once dated a guy who really never compromised, but I had the horrible rose colored glasses on. I finally realized it and was pissed off. Mostly at myself for letting it slide. Anyway, a deal breaker for me is recreational drugs of any kind, or smoking in general. Another one for me is I will not become Cinderella – like you I don’t mind cleaning up minor things but if he had a few friends over for something and the house was trashed he better be cleaning it up himself. At least most of it.
by discount oakley outlet (2013-07-11 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。