So-net無料ブログ作成
検索選択

KWV ブリュット /NV [そのほかの国のワイン]

シュナン・プラン種を主体としてシャルマ方式で造られたスパークリング

南アフリカのシュナンブランは個人的には注目していて、買ってみました。

じっくり味わって飲む・・・というよりは、のどごしを楽しむ系のキャラクターだと思いますが、

リラックスさせてくれる、ほどよい甘い香りもすこしありつつ、

酸のキレの緊張感もあって、バランスが良いと思いました。

1000円でこの味なら、なかなかGOODではないでしょうか!?

NEC_1864.JPG

1918年、ワイン産業の安定を求めて、ブドウ栽培農家によって協同組合であるKWVが設立されました。KWVはアフリカ語で「南アフリカブドウ栽培協同組合」を意味する“Ko-operatieve Wijnbouwers Vereniging Van Zuid-Afrika Beperkt”の頭文字の一部を取ったものです。それ以前は小規模農業として、産業としての認識もなかったワインづくりは、KWVの設立により、国をあげて産業として、ワインの品質向上や輸出増進へと取り組むようになったのです。そして、1925年には南アフリカ独自の品種ピノタージュを誕生させ、1957年には冷却濾過を採用するなど、数々の実績を残してきました。

1997年12月、KWVは大々的な組織改革を行い、株式会社として再スタートを切ります。現在でも、約4,500の農家が加盟。ワインやブランデーにおける南アフリカ最大の輸出業者であり、業界のスポークスマンであり、指導者であり、生産・マーケティングの先駆者として、政府機関とも緊密な連携を取りながら、南アフリカ産業のリーディングカンパニーとして大きな役割を果たしています。昨今は、グローバルな視野に立った品質向上、世界市場を見据えたマーケティング・販売を行い、南アフリカワインを広く世界へと普及させています。


主な輸出先は、イギリス、オランダ、フランス、ドイツ、ベルギー、カナダ、アメリカ、日本など30以上の国々。ブドウ品種の個性をよく表したワインが多く、近年はブドウ栽培やブドウ醸造に関する最新技術が導入され、生産者たちの革新的なスキルが加わったことで、品質がめざましく向上。世界中の数多くのコンテストで、幾度となく栄誉に輝くワインも誕生しています。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

いれて!

痴女・巨乳・癒し系の手コキをお楽しみ下さい(人・ω・) http://www.fgn.asia/
by いれて! (2012-09-08 10:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。