So-net無料ブログ作成
検索選択

東北ワイナリー巡業/高畠ワイナリー(2) [ワイナリー訪問]

この高畠には「時沢ぶどう」という名産品があって
全国品評会でも賞を取り捲るほどの美味しさだそうです。

最近の研究では、ワインをつくっていた?と思われる
縄文式土器も発掘されたりしていて、

この高畠も果実にはとても良い環境のようですねー。

高畠地区は、その火山岩が隆起してできた山形盆地の内側にあって、
内陸性気候のために夏季と冬季の寒暖差が大きい。

●年平均気温10℃前後 最高34.4℃ 最低-13.9℃
●年間降水量1,300mm前後
●葡萄、ラ・フランス、林檎などの果物をはじめ、美味しいお米、新蕎麦など

画像 029.jpg

畑さんの運転してくださる車からは、
隆起してできた山のような丘のようなぽっこり山が、
あちこちに見えます。

最初に案内してくださったのは大立地区・・・

画像 030.jpg

息をのむ、

日本の原風景・・・(感動)

まるで日本昔話の光景ですよ!

そしてそこにあるのが農家:木村さんの畑。

画像 035.jpg

画像 031.jpg

かなり斜面きついですよ~

木村さんも70歳をこえてらっしゃるそうで、

これは大変な斜面です・・・。

(木村さんはとてもお元気でした!怪我にお気をつけてくださいね!(^-^)

画像 033.jpg

この畑でも岩の上にブドウの木が生えてる!
(アンビリーバブル!)

画像 034.jpg

根が抜けて広がっちゃうんだから、
すごいやわらかいんですねー。

画像 036.jpg

※ちなみに。高畠ワイナリーには4つの地区ごとに造られる
 シャルドネのシリーズがあって飲み比べができるんですね。
 4つの地区は、大立地区、屋代地区、和田地区、亀岡地区。
 (http://takoyakibouzu.blog.so-net.ne.jp/2008-07-24

いざ、高畠号で次の場所へ!(^-^)

画像 037.jpg

峠の上から見渡す高畠地区。

画像 039.jpg

完全に山に囲まれた盆地で、
内側の平野部にもポコポコと隆起した小山が見えます。

次は時沢地区。

ここではシャルドネとメルローが栽培されています。
今年はシャルドネの収穫が10月13日だったそうです。

高畠ワイナリーがてがけるシャルドネの量は
なんと100トン!!

画像 045.jpg

この棚の上のところ辺りまで
雪が積もっちゃうこともあるそうで
雪対応は東北の悩みですよね。。。

画像 042.jpg

窒素がやや多いために
収穫後のブドウがまだ残ってました。

画像 044.jpg

どんどん行きまして・・・

こちらがピノ・ノワールの畑!!!

完全に垣根で、草生栽培。樹齢は2~5年。

とはいえ、糖度が23度までいっちゃうそうなので

すべての樹齢がもうすこしあがった時、かなり期待大ですね!

はやく飲んでみたい・・・(^-^)

画像 052.jpg

画像 047.jpg

画像 051.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。