So-net無料ブログ作成
検索選択

「ちょっと悪くなった赤ワインを再生させる方法」 [NEWS]

夕飯ができ、お客様も家に来て、赤ワインのボトルを開けてみたら、あれ? コルクの変なにおいがする、古びたような...(これを英語で「corked」と言います。詳しくはこちら)。そんな被害を最小限にとどめる、ちょっと悪くなった赤ワインを再生させる方法があります。

ニューヨークタイムズの記事に、カリフォルニア大学デービス校でワイン醸造学の研究をしているアンドリュー・ウォーターハウス氏による、対策方法が載っていました。

ウォーターハウス氏によると、この不快なフレーバーにより、ワインは料理用にも使えない状態になるそうです。でも、ワインをサランラップを入れたボウルに入れると、このかび臭いフレーバーがとれるそうです。

「見た目は悪いけれど、数分で効果がある方法ですよ」とウォーターハウス氏は言っています。コルクを汚染したカビから「2,4,6-トリクロロアニソール」というカビ臭さの原因となる物質が発生しています。この「2,4,6-トリクロロアニソール」の化学的構造はポリエチレンと似ており、プラスチックに吸い付くという特徴があります。

これを聞いてもワイン醸造学者のように確信を持って納得することはできませんが、次に赤ワインを開けて「ちょっと変だな」と思った時は、この方法を試してみては?


For a Tastier Wine, the Next Trick Involves ... [New York Times]
http://www.nytimes.com/2009/01/14/dining/14curi.html

Kevin Purdy(原文/訳:阿久津美穂)



http://www.lifehacker.jp/2009/01/post_500.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。