So-net無料ブログ作成
検索選択

チャカナ/ボナルダ/2007 [アルゼンチンのワイン]

アルゼンチンワインLOVERでもあるのですが、

このチャカナという造り手は、ぎゅーっと注目しています。

ワインメーカーには、アンティノリ、コンチャイ・トロで醸造責任者を務めた

アルベルト・アントニーニ。特に、マルベックは、はずしません。

NEC_1601.jpg

で、ボナルダと品種なんですが、

なにやらゲームのキャラクターっぽい名前ですけど、

ぶっちゃけマイナー品種です。

イタリアでちょこちょこと植えられているみたいですけれど、

アルゼンチンではマルベックについで人気があるみたいです。

若さ溢れる黒みがかった赤紫色。完熟果実系。5段階でいうと3くらいの樽。

ガッツリ濃くて、度数からくるアルコール感がへヴィー級。

ようやく近づけるのは、グラスグリグリと回しに回して、

抜栓後30分たってからという。(笑)

とはいっても、チリ系のガッツリ系とはちがって、いざ飲んでみると口当たりがスムース。

このあたりがアルゼンチンワインのイイトコロ。

時間とともに甘さと、とろんとしたふくよかさ、スパイシーさが出てきます。

全体な印象としては、口当たりのいいグルナッシュみたいな。

濃い赤ワインがイケル!という人には安いし、オススメです。

最近、雑誌なんかでもアルゼンチンワインが穴場的に取り上げられてきていて

ちょっぴりうれしいです。

ロベール・グロフィエ/シャンボールミュジニー・レ・ザムルーズ/2006 [ブルゴーニュのワイン]

ブルゴーニュに神様がたくさん居るとすれば、

その1人になりかけている、なーんて評判のグロフィエ。

NEC_1603.JPG

高いポイントで樽パワーと果実パワーががっぷり四つ。

フレッシュな、キャラメライズな、いちごジャムで、濃密なハニー感。

さすがです。

が。

もちろんギスギスしたギザギザなタンニンとかポテンシャルを示すものもあるのだけど、

ぶっちゃけ、現代的なつくりで、なにか一枚、いまはまだ足りない感じ。

それが熟成という一枚なのかもしれませんけども。

いわゆる現代的なワインって、圧倒してくる塊のようなものがない気がしてます。

ギザギザハートの暴れん坊が、次第に、昔はワルだったけどよー!と語るのが

時を重ねながら偉大になっていくワインだ、という気がしているのだけど、

どうにも今から、イイコちゃんな感じで、どーなのよ!?と。

ボルドーでいえば、セカンドワインみたいなつくりというか。(素人意見でスンマセン)

いや、すぐ飲んで楽しめるのは好きだし、うれしいことですけども。

「熟成したらどうなるんだろう?」「熟成してもどうにかなるんだろうか?」

いま飲む熟成したワインとは、きっと違う熟成を辿るんではないでしょーか。

10年後、20年後に、また確かめたい楽しみでもあります。

7へクタールの畑のグロフィエさん。

広さだけでいえば日本で言えば、山梨ワインと近い感じでしょうか。

特級はシャンベルタンとボンヌマール、シャンボル村の1級畑が3ヵ所、

ジュヴレの村名畑にACブルゴーニュ。

幸福すぎる・・・。(笑)

んでも、僕が一番スゴイ!と思ったのはパストゥーグラン。

長い歴史のなかで、どうしてパストゥーグランというものが

存在し続けているのか!?の答えがあります。(たぶん)

今日から九州へ!

熊本ワイン

安心院ワイナリーへ

そして

ついでに仕事もしてきます(笑)

中州でワインバーにも行きたいナー。

あっ、仕事ですよ!仕事!

(加納さんのブログを頼りにしていってきまーす!)

http://www.cafeblo.com/bacchus/archive/438

コノスル/ゲヴュルツトラミネール・レゼルバ/2007 [そのほかの国のワイン]

なにも言うことはありません・・・。

何回飲んでも美味しい・・・。

地上最強のコストパフォーマンスでは・・・。

NEC_1596.jpg

ニール・エリス/シャルドネ/2005 [そのほかの国のワイン]

NEC_1594.jpg

南アフリカは、ステレンボッシュのワイナリー。

醸造技術の進歩なのかは知りませんが、

めちゃスマートで洗練されたワインに出会うことが多いです。南アフリカ。

これも果実のボリュームが、程よく、静かに、

南アらしからぬクールなシャルドネの旨味が同心円状に広がっていく感じ。

ただし後半のほうに渋みが気になるのと、

時間が経つと味わいがキザギザしてくるのが×だけれど、

これはなかなかの掘り出し物かもです!

長野シャルドネぽい印象かも。

第13回 日本ワインを飲み干す会「日本の泡を飲み干す!」 [日本ワインを飲みほす会]

うう・・・遅くなってしまいましたが8月8日に

第13回 日本ワインを飲み干す会「日本の泡を飲み干す!」やってきました!

北京オリンピックの開会式当日でしたが、

オリンピックよりも、日本のスパークリングのオリンピックを選んだ

熱い皆様と楽しい時間を過ごすことができました!(^-^)

ワインリストは・・・・

1)機山洋酒/キザンスパークリング

とてもキリリとした甲州100%のスパークリング。
ルミエールペティヤンとグラスを並べて同時比較でいただきました。

比べて飲むと、どちらかというと、香りが立って、先行型。
逆に言うと、グラスに注いだ後は、時間をかけすぎないうちにいただくのが◎。

とてもていねいなフリーラン果汁で、すごく手間のかかる瓶内2次発酵。
女性陣の評価はこちらが高かったようです。(^-^)

NEC_1578.JPG

2)ルミエール/ペティヤン

同じく甲州1005ですが、
こちらは一次発酵中(アルコール発酵中)に瓶詰めするペティヤンタイプ。

こちらは後半追い上げ型。
時間が経っても味わいの変化は少なく、じっくり楽しめる感じ。

注いだばかりのときは、
ペティヤンにしてはとても泡がとても元気!

NEC_1577.JPG

3)カタシモワイナリー/スパークリング・デラウェア

かつては日本一のブドウ生産地として名をはせた大阪。
いまやその大阪を背負って立つカタシモワイナリー。

大阪産デラウエアを酸味と甘味を併せ持つ未完熟の状態で収穫。
それを、なんと瓶内2次発酵。情熱のワイナリーです。限定500本。

実際、飲み口も、甘さを感じますが、
たるんだ要素はなく、キレがあって、とても洗練された感じ。

NEC_1580.JPG

4)神戸ワイン/シャルドネ・スパークリング

良年だった2005年のシャルドネ。
昼夜の寒暖の差が恵みをもたらしたそうです。

スキンコンタクト→ステンレスタンクで4ヶ月かけて発酵。
厚みのないシンプルな?甘さをやや感じるものの、
冷やしめで飲むと、泡のやさしさとあいまって口当たりが心地よい◎。

NEC_1579.JPG

5)高畠ワイナリー/マスカットベリーA

60軒以上の契約農家と、まさに地域一丸となって、
しかもコストパフォーマンスのすごく高いワインを造っているワイナリー。

ここのベリーA自体が非加熱処理&酸化防止剤無添加なので、
とても果実ボリュームがあって、フレッシュさが飲み口の前面に飛び込んでくる。

泡は荒めだけれど、明るい元気な味わいを楽しむには、
むしろそのシュワシュワ感が楽しいっす!

NEC_1576.JPG

6)高畠ワイナリー/オレンジマスカット

NEC_1575.JPG

意外と好きなワインなんですよね、これ。(^-^;)
皆さんの評判も◎でした。

柑橘系・・・なんだけれど、とはいえ単純ではなく、
深いアルコール感もあって、大人のワイン。飲みすぎ注意。(笑)

7)都農ワイナリー/キャンベルアーリー

(写真撮り忘れちゃいました・・・汗)

ベースになったキャンベルアーリーのワインが
wine report 2007で、世界で最もエキサイティングなワインとして紹介されました。

搾汁のときに果皮から色を抽出するブラッシュワイン。低温発酵で三週間。
炭酸ガスはほどよく4気圧、しかもアルコール度数が8度におさえてあるので、

ものすごくスムーズに飲めてしまい、うれしい悲鳴!
ベリー系キャンディのような味わいで、飲んでいると楽しくなります。女性陣絶賛。

8)小布施ワイナリー/H ブランドノワール(ピノノワール)

自社栽培ピノノワール100%。
瓶内二次発酵で、エクストラブリュット。

グラスに注いだときの味わいから、
時間の経過とともに味わいの変化が本格的に楽しめます。

シャンパーニュ地方のピノのワインよりも、柔らかいけど、細い印象。
やや通好みぽいような?マジメで、スジの通ったハードなワイン。

NEC_1581.JPG

9)タケダワイナリー/キュベヨシコ/2003(岸平さん直筆サイン入り)

さすが!にキレイな、泡のキメ、風味、味わい。本格。
シャルドネを活かすために、デゴルジュマン後のリキュール添加はゼロ。

ストレートな果実感のあとに・・・むむ・・・コクがある・・・。
まだフレッシュさも十分感じたので、まだ置いておいてもいいのかも?

NEC_1574.JPG

10)ココファーム/ぐらんのぼ/1996

シャルドネ、ピノノワールに加えて、リースリングリヨン。
128ヶ月の長期「瓶内」熟成。熟成感たっぷり。

泡はとても細かい。味わいの変化が早い!
いまが飲み頃!?

ブランドブランでもなく、ロゼでもなく、ノワールでもなく、
初めて体験するどこかに「辛口アミノ酸」的なニュアンス。(リヨン効果?)

奥行きのある、ほんのりと甘さが印象的。
とにかく贅沢感があふれる1本!高いけど。(苦笑)

NEC_1573.JPG

今回は、さらに野菜素材を生かして
日本のワインに合わせてくださったシェフの料理が、
一段と美味しかったです。発想と、味わいに驚き連発でした。

NEC_1571.JPG

NEC_1572.JPG

日本のスパークリングを一気飲みしてしまいました。
個人的には・・・

1)高畠ワイナリーのバリエーションと
  コストパフォーマンスは素晴らしいと思います!!!

2)消費者心理として、5000円を越えていったときに、
  本格的な瓶内二次発酵でどこまで美味しいか!?
  が基準になるのかなーと思ったりもしました。
  デイリーと非デイリーの、そして普及と納得のラインとして。

3)やっぱりシャルドネの品質UPが第一!
  日本のスパークリングもシャルドネも、まだまだはじまったばかり!
  (いまのところ東北のタケダ、九州の安心院、が好きです。)
  
美味しい・・・けど、まだまだ物足りないゾ!!!!
と応援しつつ、今後の日本ワインの進化に期待!

参加してくださった皆様、ヴィラドゥーエの皆様、
ありがとうございました!(^-^)

NEC_1583.JPG

そして・・・2次会に神楽坂の「Naorai」へ。

さらにいろいろ飲んでしまいました。(笑)

NEC_1586.JPG

国産バー Naorai
住所 : 東京都新宿区神楽坂6ー66神楽坂宝生ビル4F
TEL : 03-5229-8840
営業時間 : 18:00~23:30
定休日 : 日・祝

地球一周なワイン会やります。@8月29日(金)

原油価格が高騰している昨今。
むむむ、これでは旅行にもなかなか行けないっス…。

ならばワインで旅したつもりになって
世界中のウマーなワインを旅しよう!

・・・という強引な展開で、

独断と偏見で買っていたワインを
飲み干してみようと思いました。(^-^)

世界は広い!ワインも広い!
この夏の思い出にご一緒しませんか!?

ワインリストは・・・

★チュニジア/ケイ・ド・クルビス/NV
 アフリカ最北端の地中海気候で作られる実力急上昇のチュニジアワイン。
 大丸のイベントでハマって大量購入しちゃいました。

★ドイツ/ヘンケル&ゼーンライン/ヘンケル・トロッケン/NV
 シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、ピノ・ノワール、シュナンブラン、という楽しいブレンド。
 創業150年、世界90カ国に輸出してます。

○オーストリア/ニコライホーフ/グリューナーフェルトリナー/2006
 オーストリアと言えば!というド定番でスイマセン…。
 1本買うと1ユーロがパンダ基金に回るというWWFバージョン。

○ニュージーランド/フェルトンロード/ドライリースリング/2006
 ニュージーランド最南端の寒いところで造られてます。
 ピノノワールが超人気のワイナリーですがコチラもGOODです!

○イスラエル/ヤルデン/シャルドネ/2004
 最近はよくお店でもみかけて人気ですね。VINEXPOで受賞とか、
 イスラエル航空ファーストクラスで使われているそうです!

○アルゼンチン/クリオス・トロンテス/2006
 アルゼンチン初の女性醸造家が造る、注目の品種のワイン。2007ヴィンテージがついにパーカーポイント90点らしいです。

アメリカ/ペッパーウッド/オールド・ジンファンデル/2005
 ワインスペクテーターでバリュー・ブランド・オブ・ザ・イヤー。
 古木からのジンファンデル。雑誌でも旨いワインとして紹介されたり。

●南アフリカ/クロ・マルヴェンヌ/ピノタージュリゼルヴァ/2004
 ピノタージュのワインのなんですけど洗練された味わいで、
 ピノノワール×サンソーの交配品種からはイメージ一新でした。

●モルドヴァ/プルカリ・デ・ピノノワール/2003
 世界最古のワイン生産国。19世紀のパリ万博で金賞受賞のワイナリー。
 いまもいろんな国の王室で飲まれているっぽい!?

●アルゼンチン/チャカナ/マルベック・レゼルヴァ/2005
 いま世界中で受賞しまくっている新世代アルゼンチンワイン!
 醸造はソライアとかオルネライアとかやってた元アンティノリの人。


■開催日時 2008年08月29日((金)19:00~22:00)

■開催場所 東京都(欧風屋(千代田区神田司町2-21Tel:03-3233-1277))

■募集8名

■会費=料理代4000円+ワイン代3000円

■エントリーはコチラからお願いします!
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P6404977

勝沼日帰りピザ宴会でウマー!@内田ぶどう園さんのガーデン

mixiにのさばる最大勢力

「国産ワインの消費量を増やす会」

会長キヨ氏からドスの効いた声で

「木曜日・・・空いてまっか?」

とお誘いをいただき、仕事をぶった斬りして行ってきました!

内田ぶどう園の内田さん邸のガーデン宴会に!

ちなみに内田さんとは、ただのブドウ農家さんではなく…

毎年一樽だけが仕込まれる名品『勝沼人の大地』を仕込まれている

スーパーブドウ農家さんなのです!

→『勝沼人の大地』は勝沼のネゴシアン的酒店「新田商店」でのみ入手可。

内田ぶどう園
http://uchidabudoen.com/index.html

『勝沼人の大地』
http://katsunumawine.info/daichi-club.htm

新田商店
http://www14.plala.or.jp/nittawine/

夕暮れの勝沼。

NEC_1540.JPG

ビールサーバーも設置されてました!本格的!

NEC_1544.JPG

こちらが噂のピザ窯!

NEC_1547.JPG

おいしいピザを振る舞ってくださる内田さん…

NEC_1542.JPG

いざ、窯へ!燃やす燃料は甲州の木!

NEC_1546.JPG

しばし待ちますと…完成!ウマー!

NEC_1545.JPG

他にもメチャ美味しい椎茸のダイレクト炭火焼!とか
超巨大キュウリの入ったウマーサラダとかもいただきました。

そして、ただならぬ参加者のみなさんが持ち寄ったワインが…

一度飲みたかった菱山中央醸造の一升瓶ワイン!

NEC_1541.JPG

さらに・・・

NEC_1551.JPG

NEC_1556.JPG

NEC_1557.JPG

NEC_1558.JPG

NEC_1559.JPG

NEC_1564.JPG

NEC_1565.JPG

NEC_1567.JPG

NEC_1569.JPG

NEC_1570.JPG

ウマー!を連呼しながら飲んでいましたら、

そこへ到着したのが

麻屋葡萄酒の雨宮一樹さんと、アルプスワインの前島良さん。

ボクの大好きなプラチナコレクション マスカットベリーAも持ってきてくださいました!

しかもファーストビンテージの2004から2005、2006、裏ラベルなしの2007まで垂直です!

NEC_1554.JPG

2007はまだ若くて、2006もチョイ若くて、2005がやっぱり、いま旨い!LOVE!

カベルネの芯と、ベリーAの果実味と樽の風味が、絶妙にマイルド!

しかもいっしょに持ってきてくださったのが…

国産ワインコンクール銀賞(←金賞が出なかった部門で)の

「JAPANESE STYLE WINE マスカットベリーA 2006」

NEC_1555.JPG

オリンピックのマークがデザインの…ではなく!

ワイン瓶の底の円形をモチーフにしたデザインラベルです。

おなじくベリーAのワインですが、こちらは複雑な構成!

むむ、これはじっくり味わってみなければ…。

ソフトなベリーAから、ハードなベリーAまで、まさにベリーAの使い手。

なによりこの「JAPANESE STYALE WINE」と宣言する志向性が、とても素晴らしい。

ほかの国には無いベリーAという品種を大切にしているアルプスワイン。

ときにはベリーAを純粋に突き詰めていくスタイルで、

ときには柔軟にブレンドすることでベリーAの新しい個性を開花させるスタイルで、

ほかの国が認めざるを得ないオリジナルなワインが、いつか生まれるにちがいありません。

と、いいつつも、ほろ酔いだったので、なにをどれくらい飲んだのか覚えていませんが(笑)

サプライジングな誕生祝ケーキも登場!

アルプスワインの前島さんと、キヨさんの誕生日なのでした!

NEC_1562.JPG

おめでとーございます!

NEC_1566.JPG

河口湖の名店「あづま」さんのご主人が、

メチャ旨い手打ち蕎麦(特製つゆ付)をふるまってくださり、贅沢な〆になりました。


「あづま」@河口湖
http://www.azuma.ffo.cc/

NEC_1568.JPG

おまけに、かえりに、でっかいブドウと、ぽっちゃりな桃までいただいてしまい!

帰りは終電でダッシュ!

爆睡でワープ!

体感的にはアッというまの帰宅でした。(笑)

みなさま、ありがとうございました!m(__)m


フジクレール/甲州 樽発酵/2007 [日本のワイン]

ど平日の木曜日にやってしまった「勝沼日帰りツアー」のついでに

一瞬だけ、フジッコワイナリーに立ち寄ってきました。

目的はコイツの購入です!

NEC_1539.JPG

国産ワインコンクール金賞受賞を果たしたフジッコの「甲州樽発酵2007」。

閉店時間の17時直前に携帯電話片手に走りながら、

「いまから行きます!開けといてください!北海道から買いにきたんです~(←ウソ八百)」

ズサー。

すべりこみセーフ。

ハァハァ言いながら購入。

あわせてすかさず「試飲もお願いしますっ!」

開けて数日経っている状態だそうで(←大手ワイナリーにありがちな残念な状況。)

ぶっちゃけ、金賞の片鱗は、見えませんでした。

とりあえず飲んでみましたが、

良く言えば、樽の香り、甲州の渋み、酸が、それぞれに楽しめる感じ。

ふつーに言えば、バラバラ。

で、さすがに1人1本限定でした。

ショップのおねぃさんいわく、メチャメチャ売れているようで、

すでに在庫本数が150本くらいだとか。

むむむ、さすが反響が大きいですね…大きすぎません?

国産ワインコンクールにエントリー時点での実存本数は2000本。

(参照:http://www.jwine.jp/2008fol/jkk.pdf

審査結果が一般公開されたのが8月4日の午後17時。

ボクが買いに行ったのが8月7日の午後17時。

たった72時間で1850本が即売?

んー?

消滅が早すぎるような…

インサイダー情報入手したどこかが大量に抑えちゃったんでしょうか…

まあ大手ですし販売ルートも太いんでしょうけれど…

いずれにせよ、誰も飲めない金賞ワインってことになりそうですね。

残念。

そういう意味では、おなじ金賞に入った

グレイス甲州(実存在庫:30000本)と勝沼甲州(実存在庫:11063本)が

たくさんの人の手に渡って、日本ワインファンを増やしていく役割を果たしそうですね。

グレイス甲州2007はまだ飲んでいないので、今度、飲み干してみます。(^-^)

アルテラティーノ・カヴァ・ブリュット [そのほかの国のワイン]

また飲んでしまいましたよ…コレ・・・。

NEC_1538.jpg

都内だとヴィノス山崎というワインショップチェーンで扱っています。

1200円です。

ウマー&コストパフォーマンス最高GOOOODです。

[ニューヨーク・タイムス]の『高級シャンパンに匹敵するスパーク特集』で
堂々第一位の【BEST-VALUE】を獲得!!
さらには超有名ワイン雑誌[WINE & SPIRITS]では、なんと
3年連続で最高位【VALUE BRAND OF THE YEAR!】を獲得!!

だそうです。賞とかどーでもよくて、本当に美味しいです。

泡は元気なので、半分残して2日目にも飲み比べてみてください。

ボクは2日目のほうが味わいにコクがでてきて、好きです!

マカベオ50%、チャレッロ25%、パレリャーダ25%
スペイン‐DOカヴァ(カタルーニャ州ペネデス)

★アルテラティーノ・カヴァ・ブリュット@楽天★

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。