So-net無料ブログ作成
検索選択

第14回 日本ワインを飲み干す会、でした。(遅ればせながら) [日本ワインを飲みほす会]

もう半月も前に開催しちゃった会の記憶なので、

若年性痴呆症のたこやき坊主としては、かなり危ういです。

ボケてたら、本気でツッコミいれたってください。(苦笑)


●高畠ワイナリー/ピノブラン/2006

とにかくよくできてますワイン!ピノブランの品種香が良く出ていると評価も高く。
ていうか、この価格(1000円チョイ)はどーしたことでしょう!うれしすぎます☆
世界を相手にしても圧倒するコストパフォーマンス!
ちなみに国産ワインコンクール2008で、2007ヴィンテージが銀賞受賞。

NEC_1513.JPG

●中央葡萄酒/リジョイス/2004

超良年を祝して、わずか1樽(312本)だけ造られたもの。 鳥居平の甲州100%。
参加者のみなさんも声を上げてしまった、僕もおどろきの甲州でした!!!!!
甲州からこの香りってあるんですかー!っていうサワークリーム。
中央葡萄酒は国産ワインコンクール2008でグレイス甲州が金賞でしたが
こういう「とことんやったらこうなりました」系の甲州も1樽とかでもやってほしい!
いや、ワイン関係のお仕事をされている参加者のみなさんからも驚愕の声があがってました。スゴイ!

NEC_1524.JPG

山梨ワイン/フォーシーズンズ甲州/2005

国産ワインコンクール受賞。日本ワイン界の王道を確実に進む山梨ワイン。
このワインも樽香・柑橘香・シュールリーの味わいのバランスは抜群でした!

NEC_1515.JPG

●五一ワイン/シャルドネ・エステート/2005

日本におけるメルロー栽培の元祖・五一ワイン。決して重厚ではないですが、
メルロだけではなくシャルドネにも注目だと思います。
ミディアムでシャープ。樽使いのバランスがGOOD。
この価格帯でも決して手を抜かない。こういうのが老舗の老舗たるゆえんだと痛感。
個人的にとても好きな一本です。国産ワインコンクール2008奨励賞。

NEC_1523.JPG

●丹波ワイン/クロワッサード・サンジョベーゼ/2005
自社畑産ブドウのみで造るクロワッサードシリーズ。(ワイナリー限定販売
ワイナリー訪問当日はイタリアワインの協会が買占めしてました。
芯がまだまだスマートなのですが、香りはかなり品種を引き出してます!
きっと樹齢を重ねていくと、いかにも!な風格が備わってくると思います。

NEC_1522.JPG

●金井醸造/マスカットベリーA/2006
ビオ栽培と美味しさで超有名なワイナリー。最近は買えなくなりました…(涙)。
リリースから一年経って味わいも落ち着いた頃。
酸の角が丸くなって、旨みとスイートな果実味を真っ向から味わえます。ウマー!

NEC_1521.JPG

●小布施ワイナリー/メルロー オーディネール/2005
自社畑ものではなくとも、きっちり樽熟成しているなど、
小布施ワイナリーのワインでも一番コストパフォーマンスが高い一本だと思います!
セパージュヨーロピアンが国産ワインコンクール2008で金賞受賞。
はっきりいって、どのワインもそうとうきわどくレベルが高いです!
(ここもなかなか買えないのが…涙)

NEC_1527.JPG

●メルシャン/スペリュール/1998
どこで買ったのか忘れちゃいましたが(笑)ヴィンテージな日本ワインも一興かなと。
桔梗ヶ原メルロを筆頭に、とにかくどれだけ濃く抽出できるか!を追及していた時代を
感じさせるボリューム感。熟成感もありつつも、それを上回る若々しさがそれを物語っています。
やろうと思えばここまでできるんでしょうけど、たしかにイマドキでは、パワフルすぎるのかも。
でもでも、やっぱウマー!です。GOOD!!!古い桔梗ヶ原メルロー飲んでみたいナー。

NEC_1520.JPG

●アルプスワイン/プラチナコレクション マスカットベリーA/2005R
この品種の新境地を味わわせてくれるワイン。(僕も最初、驚きました!)
国産ワインコンクール銀賞受賞。このワイナリーは注目です。
というか、もっと注目されてしかるべき!(国産ワインコンクール2008でも受賞多数)
グレイスのリジョイスと同点で、この日の最多得票。
となりのテーブルの方たちもウマー!連発してました。(^-^)
じつはカベルネがすこしブレンドされてますが、根本的な味わいのグリップ感がすごいです。
ブラインドで出されたら絶対、●●●●とか答えるはず。
熟成した姿もぜひ追いかけてみたい一本。ベリーAの概念を進化させた傑作!

NEC_1525.JPG

●タケダワイナリー/アストール(デラウェア甘口)
女性醸造家が造るワイナリー。北の産地ならではの締まりのある甘口!
テイスティングイベントでハマりました。スッキリとキレのある甘口が上質。

NEC_1526.JPG

そして、いつも最後になっちゃうのですが、料理がウマイ!です。
寡黙なシェフのお料理ですが、いつもアイデアが豊富でメチャGOODなんです。

NEC_1516.JPG

NEC_1518.JPG

欧風屋のみなさま、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!
すこしでも日本ワインが楽しい!と感じていただけたら、とてもうれしいです。(^-^)

・・・とか言いながら、そろそろブルゴーニュの会とかしようかなあ。(笑)←裏切り?

NEC_1519.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。