So-net無料ブログ作成
検索選択

ドミニク・ローラン2006ヴィンテージ46種、飲み干してきました! [ブルゴーニュのワイン]

世界のワイン界で、おそらく最も巨体の醸造家・・・ドミニク・ローラン!
その2006ヴィンテージのテイスティングにもぐりこませていただきました!

Dominique Laurent.jpg

(普通はプロフェッショナルなワイン業界関係者しか参加できないと思うのですが、
こんな素晴らしいチャンスをおすそ分けしてくださったTさん、ありがとうございます!!!)

新樽200%という単純化されたフレーズで表現されていたようですが、
そんなコマーシャルだけで売れるほど、ワインは流行消耗品ではない、ハズ。

2005年には畑を購入して、もともと持っている畑と合わせて約4haで
「ドメーヌ ローラン・ペール・エ・フィス」というドメーヌを開始したそうです。

イチからワインを造ることは、誰だって念願であるはずでしょうし、
ここからが彼の、本当にやりたかったワイン造りがはじまるのでしょう。

とはいえ、それほど飲んだ経験があるわけでもないので
今回のチャンスはとても有り難いものでした。

NEC_1883.jpg

リストは下記の一覧でした。
とくに印象的だったものについてメモしてみました。

○ブルゴーニュ・シャルドネ
  急騰しているワイン価格は彼のワインについても当てはまるのですが、
  じつはこのブルゴーニュ・シャルドネがとてもコストパフォーマンスがGOOD!
  ほどよく滑らかなオイリーさや濃密感もあるので舌の感覚も楽しくて、
  冷やして飲んでいても温かくボリュームのある香りが楽しめました!

○シャブリ/プルミエクリュ/レ・リー

NEC_1887.jpg

○シャブリ/グランクリュ/ヴォーデジール
 バツグンにウマー!なシャブリ!
  旨味・果実味・ミネラル・酸がめちゃバランスよくぎっしり!
  これは誰が飲んでもうなるはず!(高いけど…)

○ボーヌ・ブラン/プルミエクリュ/レ・ヴェルゼVV

○ムルソー/プルミエクリュ/ポリュゾVV

○コルトン・シャルルマーニュVV
  いちばんムムム~~~と感じてしまった銘柄
  若いビシビシとしたミネラル感を期待してみたのだけれど・・・スルッと肩透かし?
  プチ・コルトンシャルルマーニュというか・・・希望小売価格2万円としては、
  すこし寂しい感じがします。ていうか高くて買えません!(苦笑)

○サントネ・ブラン

●ブルゴーニュ・パストゥグラン

●ブルゴーニュ・ピノノワール

●ブルゴーニュ・ヌメロ・アン

●マルサネ

●ジュヴレ・シャンベルタンVV

●ジュブレシャンベルタン/プルミエクリュ/レ・コルボー

●ジュブレシャンベルタン/プルミエクリュ/レ・カズティエ
  ピノノワールのワインってこういうことでしょー!と思ってしまった
  どまんなかのワイン。果実の濃く紅い香りが心地よく。タンニンがやや少なめ?
 
●ジュブレシャンベルタン/プルミエクリュ/ラヴォー・サン・ジャックVV
  芯があるってこういうことでしょー!と思ってしまった
  スマートで力強い背骨がハッキリあるワイン。その背骨の周りに旨味が…スペアリブ!(笑)

NEC_1889.jpg

●ジュブレシャンベルタン/プルミエクリュ/クロ・サン・ジャック
  ジュヴレの隠れグランクリュ、裏番長のクロサンジャックさん。
  鼻を抜けて、目にまで届いてきそうな、どっしりとした黒系の焦がし風味。
  飲んでみても、とにかく重力感と言うか、液体なのに重い。ズブとい旨味!最高ウマー!

●モレ・サン・ドニVV

●シャンボール・ミュジニVV

●シャンボール・ミュジニ/デリエール・ラグランジュVV

●ヴォーヌ・ロマネVV

●ヴォーヌ・ロマネ/プルミエクリュ/レ・ボーモン

●ヴォーヌ・ロマネ/プルミエクリュ/レ・ルージュ

●ニュイ・サン・ジョルジュ/ヌメロ・アンVV

●ニュイ・サン・ジョルジュ/プルミエクリュ/レ・ダモード

●ニュイ・サン・ジョルジュ/プルミエクリュ/レ・ザルジリエールVV

●ニュイ・サン・ジョルジュ/プルミエクリュ/レ・ヴォークランVV

コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ

NEC_1884.jpg

●サヴィニーレ・ボーヌVV
  個人的に「コレ、絶対買いたい!」と思ったのがこの銘柄。
  とにかくなにも不足感がなくてバランスがGOOD!
  他の偉そうなアペラシオンのへたな銘柄よりも絶対GOOD!
  しかもリーズナブル!感激。

●ショレイ・レ・ボーヌVV

●ボーヌVV No.11

●ボーヌ/プルミエクリュVV

●ポマール/VV

●ポマール/プルミエクリュ/エプノ VV
  高くて買えないけど、金字塔的な美味しさを感じてしまった銘柄。
  横綱級の樽と果実がぶつかり合ってがっぷり四つ。
  そこから超ボリュームの美味すぎる香り。スゴイうまい…なにこれ!?
  聞いて見ると、並みのVVではなくて、100年ちかい樹齢なんだそうです。ひゃー。
  最高に感動した1本。

●ヴォルネイVV

●ヴォルネイ/プルミエクリュ/サントノ VV

●シャルム・シャンベルタンVV

●ラトリシエール・シャンベルタンVV

●マジ・シャンベルタンVV
 このあたりのグランクリュはさすがの存在感。
  村名~1級クラスがハーフトーンだとすれば
  こちらはハッキリとわかる深い色合い。 
  マジはマジで重量級ですね。

●グランクリュ・コルトンVV

○ボーヌ・ブラン/プルミエクリュ/レ・ルヴェルゼ/2003

○ムルソー・レ・フォルジュ/2005

●ボーヌ/プルミエクリュVV/2004

●ジュヴレ・シャンベルタン/プルミエクリュ VV/2005

●クロ・ド・ラ・ロシュ/1978

NEC_1888.jpg

○ドメーヌ・ローラン/ブルゴーニュ・グラン・オルディネール/2006
 オモロー!と叫んでしまったワイン。飲んだ瞬間、頭が???になっちゃいました。
 ちょっと甲州に感じることがあるような、ほんのりと酸化系のニュアンスの香り。
 不思議な…でもウマイ…どのくらいシャルドネ入ってるんですか?と聞いてみたら
 「シャルドネ30%アリゴテ70%、収量は半分にした」のだそう。
 すごい面白い味で、表情がくるくると変化するんですよね。シュールリーかなあ?
 グラスをしばらく放置して温度をあげていくと・・・これは・・・ホットケーキ!?(オモロー!)
 機会があったら、もう一回ゆっくり飲んでみたい!(^-^) 

●ドメーヌ・ローラン/ブルゴーニュ/プルミエ・キュヴェ/2006
 さすがドメーヌ、めちゃめちゃ気合はいってます。重い、濃い、深い!
 ネゴシアンものの村名とかぶっちぎって、要素が詰まってます!
 
これだけのアペラシオンや畑を飲み比べると

あらためて違いや個性がわかりましたし、

ドミニクさんのワインについても勉強になりました。(美味しかったし!)

収量がとにかく低い。(ご本人に話を聞いてみた。)

しかも、やたら樹齢の高いVVが多い。(銘柄のいくつがVVなんだろう!?)

2006年は、個人的には白よりも、赤にとって困難な年のように認識しているのですが、

そのせいか、つかまえどころの難しい、ややボンヤリとした印象を

とくにボーヌ側のワインに感じることが多かったように思います。

そのヴィンテージの特徴に加えて、除梗しない手法が

今年に限ってはマイナスに出ているのか、どこか「辛い」ニュアンスも感じる銘柄もあって。

その反面、白は美味しいです。コルトンシャルルマーニュを除いて。(苦笑)

(某雑誌Yナートの大御所も、このコルトンシャルルマーニュについては本人を追及してました)

ていうかー。

ブルゴーニュの知名度のあるつくり手ワイン。

美味しいです。

美味しいですけど・・・。

もう高くて買えないッス。

ましてや不景気の時代。

ワインは売れるのか!?

どんなワインが売れるのか!?

(つづ・・・きません。)

「シルク・キュリネール:魅惑の日本ワインとの邂逅」@ペニンシュラ東京 [おしらせ]


http://www.jp-wine.com/jp/2008/081104_1.html より。

世界有数の高級ホテル、ザ・ペニンシュラ東京で4日間に渡って開催される、食とワインの祭典「シルク・キュリネール」。世界各地のシェフやワインメーカーが集結するこのかつてない食のビッグイベントの一つに、日本を代表する各地のワイナリー20社の精鋭 ワインが勢ぞろいする試飲会「魅惑の日本ワインとの邂逅」(後援:日本ワインを愛する会)が開催されます。どうかこの機会に、世界に誇る日本の素晴らしいワインの数々をご堪能ください。


「シルク・キュリネール: 魅惑の日本ワインとの邂逅」

主催 ザ・ペニンシュラ東京

日時 2008年11月22(土) 14時~17時

会場 ザ・ペニンシュラ東京 5階 マジェスティックルーム

住所 東京都千代田区有楽町1-8-1 電話03-6270-2888(ホテル代表)

会費 3,000円

参加ワイナリー 20社、試飲ワイン60種類を予定

お問合せ、お申込み ザ・ペニンシュラ東京 料飲部 電話 03-6270-2691(9:00~17:00)


参加ワイナリー
北海道ワイン(株)/ (株)エーデルワイン/ 高畠ワイン(株)/ ココ・ファーム・ワイナリー/ (株)ルミエール/ サッポロワイン(株)勝沼ワイナリー/ サントネージュワイン/ サントリー 登美の丘ワイナリー・塩尻ワイナリー/ (株)ダイヤモンド酒造/ 丸藤葡萄酒工業(株)/ マンズワイン(株)/ メルシャン(株)/ 勝沼醸造(株)/ 中央葡萄酒(株)/ 小布施ワイナリー/ (株)井筒ワイン/ (株)岩の原葡萄園/ 株式会社志太 中伊豆ワイナリー "シャトーTS"/ (有)由布院ワイナリー/ (有)都農ワイン

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。