So-net無料ブログ作成
検索選択

リアルワインガイド『日本ワイン特集』に賛否両論続出。そして、モノ申したい。 [日本ワインに思うこと]

ネット界隈でも賛否両論がうずまいている今号ですが・・・

日本ワインの名誉(と愛情?)のために
リアルワインガイドの発行部数に比べれば

「屁」でもないようなアクセス数の
こんなちっこいブログからもの申しておきたいと思います。(笑)

端的に結論から申し上げますと、

レビュー雑誌ですから「良い」とか「悪い」とか評価されるのは
そういうのはあって当たり前のことだと思うんですが、

「日本ワインを応援したい」なんていいながら、
どこをどう読めば日本ワインを好きになれるのか、

目的に反するような構成と、モノサシをまちがえたワイン選出、
欠点にばかり焦点が集まるような物言いにとても違和感を覚えました。

なーんて書いちゃうとアレですけど、僕は、
日本ワイン関連の協会団体の人間でもなんでもありません。(笑)

NEC_2066.jpg

思いつくまま投げ散らかしておいて
「一石投じた。」みたいに言い放つのは、

迷走する記事のフォローにもならず、
無目的さの裏返しにしか受け取れない。

「スーパー、コンビニで売っているワインが
日本で一番売れているワイン」だとして、

200円台のワインがレビューされて
「だから日本ワインは酷い」と結論づけるのって・・・

ムリがないですかね?

NEC_2067.jpg

スーパーで売られているワインを含め、
日本の現状を把握しておきたいというのは、

あくまで徳丸氏の個人的興味、探求的関心であって、
自分のブログでやればいいレベルのもの。

リアルな生活をしている読者は、
スーパーのワインがどんなものか近くのスーパーでワインに触れているわけで、

読者がわざわざお金を払ってまで読みたい
と思っているものか、激しくギモン。

(逆に徳丸さんレベルになれば、知らなない世界だったのでしょうか?)

現在の読者ニーズとの乖離が激しく目立つ気がする老舗雑誌ですけど、
雑誌名どおりにそこまでリアルにやらなくてもいいのでは?

ワインのレベルがお高いフランスという国で、
一番飲まれているのはAOCにさえならないワインです。(約9割)

パリのスーパーでは、そうしたワインが日用品であり、
まるでコーラの販売のようにワゴンにワイン瓶がうずたかく積まれて

ユーロとかで売られています。
じゃーっと注ぐBOXタイプのワインもありますし。

そのワインはレビューしないのでしょうか?
そのワインを斬って「フランスワインも・・・」とは言わないのでしょうかね?

リアルなデイリーワインを検証する特集ならわかります。
日本ワインのトップレベルを検証する特集ならわかります。

なにを検証して
「日本ワインは○○○だ」と結論づけたいのか、よくわかりません。

「インポーターのような機能を持った流通づくりを切に願う。」
なんていうコメントがありますが、

どーしてブルゴーニュやボルドーワインがこうも高騰しちゃったのか。
ワインが飲み物ではなく、わけのわからない投機対象に落ちぶれちゃっているのか、

はたして理解されているのでしょうか。

日本ワインの素晴らしい造り手、
金井醸造の金井一郎さんは、

一生懸命に造った自分のワインを、
本当に大事にしてくれる人に飲んで欲しいという思いから、

自分の手で売ることを第一とし、
むやみやたらと流通させない姿勢を貫いています。

ブルゴーニュの誠実で素晴らしい生産者たちも、
インタビューなどでで嘆いていることがよくあります。

自分の造ったワインが
遠いところで望まない姿になってしまっていることを。

楽天や、実店舗でも、
日本ワインを扱ってくださっているお店は、

日本ワインを理解し、造り手の意向を尊重し、
(とてもありがたいことに)儲けも薄いのに、

それでも、応援し、販売してくださっています。

流通業者がわりこんできて、契約させ、コントロールし、
過剰に利益までコントロールしてしまうという、

なんだかみんなが当たり前だと信じ込んでしまっている
おフランスによく存在するこのシステムは、

冷静に遠くから見れば、誰にとってのシステムなのかと、
小一時間ツッコミたい。

流通業者が暗躍した日本酒ブーム、焼酎ブームの影で、
素晴らしい生産者たちが蹂躙されて没落して行った経緯をご存知なのでしょうか。

スーパーに並ぶワインだって美味しくしたい。
毎日の生活のなかで日本ワインを飲んでほしい。

そして美味しいと言ってもらいたい。
日本のワインをもっと愛して欲しい。

大手であれ、小規模であれ、どんな生産者だって、
そう思っていないわけがありません。

ワインに限らず、
ものを造るということは、

限りある人生の時間とひきかえにしてまで、
なにかを形にする行為なんですから。

国内産のブドウ生産量だけで、消費量に応え切れるのか。
日本の人件費で、200円のワインが実現できるのか。

自給率や原料調達のコスト、
農家の後継者問題にどう取り組んでいくのか。

そんなことは、みんな一生懸命にやっています。
さまざまな障壁のなかで、努力はしてますよ。

食うか食わざるかの問題なんだから。

ひいきめでもなんでもなくて、
そもそもワインは、簡単に作れるものじゃないわけで。

日本を代表するメルシャンも、数百円という制約条件の中で、
それでも、できるだけ美味しいワインを造ろうと、企業努力している。

先代から価格をほとんど上げずに、人一倍体を動かして、
普段から楽しめるワインを届けてくれる小さな生産者もいますよ。

いろんな問題を乗り越えながら、
そういう人や企業が増えていったらいいなーとは願ってます。

逆に、これだけ濃縮還元ジュースが出回りまくっていて
もう、何十年も、みんな飲んでいて定着しているなかで、

安全性が確保されていれば、バルクをブレンドして、
安くて美味しい、本当に普段使いできるワインもあってもいいじゃないですか。

(情熱と努力のたまものである国産1000%で造られたワインが
 敬意を払って飲まれていくことは、もちろん、とても大切ですよ!)

聞こえのいい潔癖な理想論をかかげて評論しても、
なんか空振ってるような気がするのは僕だけでしょうか?

(高尚なものになりすぎてしまっては、流通最強&低価格な
 最大の強敵「ビール」に領地をどんどん奪われていくだけで。)

ボルドーやブルゴーニュまで行って生産者を訪問し、
ありがたがって現地試飲レビューする体力があるのなら、

日本のワイン生産者たちの仕事っぷりも
ちゃんと訪問してレビューしてあげてください。

フランスより近いんだから!(プンスカ)

徳丸さんは素晴らしいテイスターだと思いますし、
ワインのコメントも拝見して勉強させていただいています。

でも、どんな国のワインも、
最初は赤ちゃんから始まったわけだし、

日本ワインも、まだまだ立ち上がり始めたばかりであることを
付しておいてから、評論して欲しかった。(個人的願望。笑)

日本ワインが本当に大好きなので、
ちょっと鼻息を荒くして、一息で書いていたら、長文になっちゃいました。

盲目的、信者的に、僕も日本ワインを愛しているわけではないですし、
特には「これはどうなのよ!?」と書いちゃったりもしますけど、

基本的に、愛情の無い評論なんて、
無責任で一方的で狂暴な行為だと思っています。

『レミーのおいしいレストラン』
というディズニー映画のなかで、

登場する悪役の料理評論家が最後に残す、
印象的で心に残ったフレーズがありました。

評論家というのは気楽な稼業だ。危険を冒すこともなく、 料理人たちの必死の努力の結晶に審判を下すだけでいい。 辛口な評論は書くのも読むのも楽しいし、商売になる。 だが評論家には、苦々しい真実がつきまとう。 たとえ評論家にこき下ろされ、三流品と呼ばれたとしても、 料理自体の方が評論より意味がある。





やばっ、仕事しなきゃ!(汗)

明日から山形のワイナリー巡業してきます~

2008ヴィンテージレポート@ワインスペクテーター [NEWS]

http://www.winespectator.com/Wine/Features/0,1197,4754,00.html

ボルドー(評価 B-)
「07とおなじで激ヤバ…死ぬかと思った…。
 でも収穫前は素晴らしかったし奇跡ッスよ!
 できたワインも超良い感じで最高!」

ブルゴーニュ(評価 赤→C+ 白→B-)
「最初はこりゃマジで超ヤベえ!って感じ。
 ブドウの量もマジかよ!?ってくらい減ったし…。
 でも、ま~、頑張ったところは
 とりあえずホッとしたって感じ?っていうか?」

お約束通りのセールストークで
「やばかったけど→最後はとりかえして→いいヴィンテージ

とりあえず07の価格に注目でしょうか。

05みたいな超GOOD年は
「リリース後のいま買わないと買えなくなる!」
という市場心理だったのかもしれないけど、

07なら手が届くようになってきた!
という価格状況が出てこなかったりすると、

ちょい古&熟成ウマーな
ワインを掘り出す楽しみ方がリーズナブルかも?

ちなみに。

ブルゴーニュ
08)赤C+ 白B-
07)B
06)赤B  白B+
05)A
04)赤B  白B+

ボルドー
08)B-
07)C+
06)B
05)A+
04)B

05>04=06>08≧07
みたいな感じでしょーか?




※19日開催予定のワイン会は、おかげさまで満席となりました。
  ありがとうございました!次回は…1月中旬に予定してます!(^-^)

ワールドワインフェスティバル@上野/松坂屋 [おしらせ]

http://www.matsuzakaya.co.jp/ueno/promo/fair_event/s081125_02/

9日までだそうです!

大丸のイベントと違って、メチャ空いていて、ゆっくり回れるそうです。(笑)






【あと5席】 ちょっぴり贅沢にワインを飲み干す会、募集中です!

日時: 12月19日(金)19:00~

会場: 東京赤坂『アルコバレーノ』 http://r.gnavi.co.jp/a311800/

詳細は → http://takoyakibouzu.blog.so-net.ne.jp/2008-12-04

グラン・バトー・ルージュ/2005 [ボルドーのワイン]

このワインは・・・スゴイです!
メルマガの書き出しみたいですけど(笑)

ホントにこの価格帯(=1400円)のワインとしては
たこやき坊主的には不足が見当たらないです!!!

ボルドー・サンジュリアン村第4級のシャトー・ベイシュヴェルと
おなじような大帆船が描かれています。

NEC_2046.jpg

このワインを造るのはボルドーの巨大ネゴシアンのバリエール社で、
ベイシュベルは親会社が同じだからだそうです。

ちなみに、ラベルだけでなく、
シャトー・ベイシュヴェルの技術陣の全面的な協力で造られています。

構成は、
メルロー75%、カベルネソーヴィニヨン25%。

ステンレス発酵ののち、
全量の2~30%を新樽を含む樽に入れて6ヶ月熟成。

栓を抜いてグラスに注ぎますと
まだ若さの感じられる紫がかった色合いです。

ベイシュベルに似て、
カベルネよりも完全にメルローが支配的で先行してきます。

香りのボリュームはさすがに華やか!ではないですけど、
柔らかく美しいメルロー香がバッチリで、すごく楽しいです。

心地よい控えめな酸味をともなった果実味が、
なにかがひっかかることもなく、キレイに広がります。

余韻も、意外と長く感じられます。しかも優しくて、品があります。
このあたりもベイシュベルと似ているところがありますね。

飲んだ後にもメルロー葡萄の残り香が・・・ハフハフ。

本当にウマー!です。
安心して、このワインの世界にひたれる感じ。

圧倒的なパワーは、ないのですけど、
このまとまりとセンスは、ある意味衝撃的で、素晴らしいと思いました!

ボルドー・メルロー系のデイリーワインとしては5つ星です!

http://www.suntory.co.jp/wine/winery/090/index.html

http://www.barriere-freres.com/en/selection_barriere/grand_bateau_rouge.htm


★グラン・バトー・ルージュ/2005@楽天★

ワイン業界の「物語商法」。造りすぎちゃうのは「偽装」ですよね。 [ワインな日記]

すこし前のニュースみたいですが。
わりと著名な人たちの名前もありますね。
やりすぎちゃいましたよね。

下記は
http://62.73.5.31/champagne.jp/champagne/news_article.php?idDoc=194&back=../i
より転載。


サミットの社交ディナーでサービスされたシャンパンについての誤報


外務省サミット事務局のニュースリリースに
「日本人が初めて設立したワイナリーで造られたシャンパンがサービスされた」など
誤った記述があり、これにもとづいてロイターなどが書いた記事は間違いです。

2008年7月7日の総理夫妻主催の社交ディナーで供された
Le Rêve Grand Cru / La Seule Gloire Champagneは、
フランス、シャンパーニュ地方のChampagne De Sousaという生産者が生産したものです。

サンケイビバレッジ株式会社(代表取締役 合田学剛・事業内容 酒類輸入会社)は、
Champagne De Sousaにプライベートラベルを貼ってもらい、輸入、販売しているにすぎません。

日本の企業がシャンパーニュ地方のブドウ畑を買った事実はありません。

また「日本人がプロデュースしたシャンパン」という表現は、
シャンパーニュ原産地名称保護を損なうものです。

シャンパーニュの生産は、シャンパーニュの定義にもとづき、
生産地域、醸造地域、剪定法、醸造法、

すべて厳密にフランスの法律に定められており、
日本企業のコンセプトや助言によって変えることはできません。

シャンパーニュの生産者は卓上で確認することができます。

シャンパーニュを生産するためには
シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(C.I.V.C.)が交付する業者番号が必要不可欠で、
すべてのボトルのラベルにこの番号が記載されていなければなりません。

番号の頭にMAと書いてあれば、顧客がシャンパーニュ地方の生産者に依頼して、
ラベルだけを特別にかえてもらっただけのプライベートラベルということがわかります。

事実無根、虚偽の広告、宣伝に惑わされないようにしたいものです。

尚、Le Rêve Grand Cru/La Seule Gloire Champagneについての、以下の記事も誤りです。

2006年7、8、9月号  Bon Voyage(Air France機内誌) 文・宇田川 悟
2006年12月14日号  Hanako 文 伊藤 順子
2007年1、2、3月号  Bon Voyage (Air France機内誌) 文 ・矢野 詔次郎
2007年5月号     ADDICTUM
2007年6月号     25ans
2007年8月号     MONTHLY m


2008年7月8日
シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会
日本事務局代表 川村玲子

高畠ワイナリー/嘉 スパークリングブラン/2008 [日本のワイン]

NEC_2043.jpg山形県の地元農家と地域にがっぷりよつで
ワイン造りをしている高畠ワイナリー。

高畠ワイナリー
http://www.takahata-wine.co.jp/

自社畑が無いのに、こんなに美味しいワインが
量産されているのがその証拠でしょう。

リーズナブルなシリーズも量産しつつ、
(とはいえ美味しいですけど!)

しっかりとフラッグシップなシリーズも作りはじめている
というイメージが、山梨のシャトー酒折と近いものを感じます。(^-^)

で、本数限定で毎年作られているのがこちら。

NEC_2043.jpg

ピノ・ブラン57.0% 
シャルドネ21.5%
ピノ・ノワール21.5%
(2008年高畠町産100%)

ピノノワールも入っているし、
色合いは、ほんのりと、薄いピーチ色。

泡は元気にたくさん登ってきて
シュワシュワ感がしっかり。

2008ビンテージということもあって
まだまだフレッシュ全開バリバリ!

酸味もやや強めに感じますので、
温度を上げながら果実味を楽しむ・・・というよりは、

しっかり冷やして、キリリとしたフレッシュさと
ノド越しを味わうと楽しいように思います!

でも・・・
ヴィンテージがNVになったものも飲んでみたいなあ・・・

個人的に気になるのは、
「本格的な瓶内2次発酵のスパークリングも、
コッソリ造ってるんじゃないの!?」ということ。

来週、山形へワイナリー巡りに行ってこようと思ってますので
いろいろ聞き出して来ようと思っています!(^-^)

★高畠ワイナリー/嘉 スパークリングブラン/2008@楽天★

発見。銀座で北海道ワインがいろいろ飲める店! [日本のワイン]

NEC_2031.jpg

場所は銀座7丁目。

話題の衣料品店、H&Mの、道を挟んで、お向かいさん。

和菓子や「とらや」の横です。

3種類で1500円セットというのもありました。

「HOKKAIDO DISHES in Ginza」
http://www.hokkaido-d.com/

店内は細長くて、イスの数は10くらい?でした。

NEC_2035.jpg

飲んでみたのは・・・

北海道ワイン/ケルナー スパークリング

若干、甘さを感じる、爽やかフルーティな、ジュースみたいなスパークリング。(^-^)

NEC_2032.jpg

月浦ワイン/ミュラートゥルガウ

北海道ワイナリー巡りで、遠くて足を伸ばせなかったワイナリーだったので興味津々。(基本、見学不可だそうです)

香りがやさしい・・・というか弱め?と思ったら、フリーランのみで造ったワインだそうです。(市価1本3500円はちょい高?)

NEC_2034.jpg

月浦ワイン/ドルンフェルダー

軽快で、口当たりも舌ざわりも柔らかく、キレイにつくるのが月浦スタイルなのかな?

とはいえそこは北海道の酸キッチリあって、もうすこし置いてから飲むほうがいいのかも。(こちらも市価3500円)

NEC_2033.jpg

他にも山崎ワイナリーや、宝水ワイナリーなど、

めったに飲めない美味しい北海道のワインがたくさんありましたよ!(^-^)


勝沼で宴会に強行! [ワインな日記]

NEC_2040.jpg

すごく楽しい会が!と耳に挟んで

平日なのに、仕事→強行遠征。(笑)

富士急のソムリエの方や、甲斐vinの方や、キザンの土屋さん、

ダイヤモンド酒造の雨宮さん、山梨ワインの野沢さんなどもいらっしゃって。

土屋さんは、お酒が入っても、ワインのままにとても優しい人柄。(^-^)

勝沼駅徒歩5分のセパージュにて。

ウマー!な料理と、いろんなウマー!ワイン。

にしても・・・勝沼のパンの名店「パンテーブル」のパンはやっぱりウマイ!

あっ、料理とか撮るの完全に忘れた… (;^_^A

NEC_2038.jpg

おもわぬところで、

1999と1998を飲み比べさせていただきました。(感激)

下は、勝沼ぶどう郷駅からの、美しい夜景

NEC_2037.jpg

※キザンの土屋さんに、
やや濃く見える2007年のキザン(白)の液色の秘密について
たずねてみたのですが、

「なにも特別なことはしていなくて、その年のブドウからの色ですね」
とおっしゃっていました。

2009年ヴィンテージからは750mlボトルになるそうで、
それにともなって「ついに」値上げされるそうですが、
+100円くらいだそうです。

現在の価格はお父様の時代からほとんど値上がっていないそうで
「リーズナブルな価格の秘密は、夫婦2人が3人分働いているから(笑)」
とおっしゃっていました。

ホント、とことん良心的な素晴らしいワイナリーです。(^-^)

ちょっぴり贅沢に飲み干す会、やります! [おしらせ]

いつもは日本ワインの会を開催しているのですが、

「飲みたいっ・・・たまには、おフランスのも飲みたいっ・・・」

という飢えに負けてしまい、超多忙な忘年会シーズン

ド真ん中に飛び込んで開催したいと思い切ってしまいました。 (苦笑)

ちょっぴり贅沢なワイン会になってしまいましたが、

みなさまのご参加を、心よりお待ちしています!!!

赤坂アルコバレーノ.jpg

■日時
 12月19日(金)19:00~

■会場
 東京赤坂『アルコバレーノ』
 http://r.gnavi.co.jp/a311800/

■募集人数
 8名(+たこやき坊主+1名=計10名)

■会費
 13500円
 (突き出し・前菜・パスタ・メイン・デザート自家製パン3種・珈琲)

■ワインリスト

★タルラン/ブリュット・ロゼ/NV
  1976年生まれの醸造家が造る、自然ながらも現代的な美味しい1本。
  ブレンド比率は家族会議で決めるとか。何回飲んでもホント美味しいです…。

 ○ヴァンサン・ドーヴィサ/シャブリ/2006
  シャブリと言えば!というほど代表する造り手。
  本当のシャブリを飲んでみよう!ということで! 

 ○ドメーヌ・ド・シャソルネイ/サン・ロマン・ブラン・コンブ・バザン/2004
  ミネラルとエキスにあふれるワインでメチャ高評価の造り手。
  個人的にも注目のサン・ロマンという場所ですが…GOODです!

 ○アルベール・グリヴォー/ブルゴーニュ・ブラン/2006
  ムルソーNO1といわれる一級畑ペリエールの若木区域で造られる1本。
  コッソリお買い得&隠れウマーなワイン!

 ○ヴァンサン・ジラルダン/GrandCru コルトン・シャルルマーニュ/2001
  パーカーさんの評価も高い、高水準良心価格のトップネゴシアン。
  熟成したシャルルマーニュ…僕個人もメチャメチャ楽しみな1本です!

 ★エグリ・ウーリエ/エクストラ・ブリュットV.P./NV
  いまや大人気。ブドウは全てグラン・クリュ畑から。
  6年間というケタはずれな長期熟成バージョン。

 ●ロベール・グロフィエ/パストゥ・グラン/2005
  シャンボールを代表する造り手。モレサンドニのブドウを使用。
  パストゥグランというものがナゼ存在するか?を楽しめる1本。

 ●エルヴェ・シゴー/シャンボール・ミュジニー 1er レ・シャルム/2001
  レ・ザムルーズと並んで賞される畑から。
  まだまだ知名度は低いです、が、すごい勢いで要注目の造り手です!

 ●エマニュエル・ルジェ/サヴィニー・レ・ボーヌ/2002
  神様?アンリジャイエとワインを造っていた有名な造り手の良年’02。
  ’05はこの畑でさえ1万円こえちゃってるんですね…。  

 ●ジョルジュ・リニエ/GrandCru ボンヌ・マール/2002
  堆肥栽培、天然酵母発酵、新樽はグランクリュでも50%という、
  ドまっとうな果実勝負ワインで、いつも大人気の造り手。
  しかも超良年2002という、筋金入りのボンヌ・マール!

発見!銀座で北海道ワインがいろいろ飲める店! [日本のワイン]

NEC_2031.jpg

『HOKKAIDO DISHES in Ginza』
http://www.hokkaido-d.com/

場所は銀座7丁目。

話題の衣料品店、H&Mの、道を挟んで、お向かいさん。

和菓子や「とらや」の横です。

3種類で1500円セットというのが良さそうですね!

下の写真は、日本テレビ前@汐留の、クリスマスイルミネーション製作中の風景。

そろそろ年末ですね~

NEC_2030.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。