So-net無料ブログ作成

シャトーメルシャン/甲州&シャルドネ/2003 [日本のワイン]

NEC_2029.jpg

メチャメチャ好きな一本です。

長野産シャルドネ53%+福島産21%+山梨産甲州27%。

シャルドネと甲州をブレンドしちゃうという、日本にしかありえない、しかも絶妙のバランス。

あまりお店では見かけない無濾過バージョンですが、

もちろん通常バージョンも美味しいです。しかもリーズナブルです。

2003年のものだったので、もしかしたら少しピークを越えかけてるのかも?

と思ったりもしましたが、なんの!

冷静に見直せば、シャルドネが74%も入ってるんですよね。

味わいは、熊本ワインの樽シャルドネを思い出すような、

穏やかで控えめなスモーク感と、品のある小さめのトロピカルな感じ。

まさにちょうど良い感じで熟成されていて、

よーくまぜられたホイップのごとく、クリーミーさも感じちゃうほどに、

いろんな要素が溶け込んで、酸のカドが丸くなじんで、まさに一体化しています!

先週飲んだ、メルシャンの甲州小樽仕込み2006も、まさにいま飲むと最高に美味しい!

と、すこし感動してしまったのですが、このワインにも同じような感触を見つけて

ウマー!旨味ってこういうこと!

とひとりで喜んでいます!(^-^)/

2000円以下でこういうワインがあるなんて。

ああ、日本に生まれてよかったなあ…しみじみ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。