So-net無料ブログ作成

グラン・バトー・ルージュ/2005 [ボルドーのワイン]

このワインは・・・スゴイです!
メルマガの書き出しみたいですけど(笑)

ホントにこの価格帯(=1400円)のワインとしては
たこやき坊主的には不足が見当たらないです!!!

ボルドー・サンジュリアン村第4級のシャトー・ベイシュヴェルと
おなじような大帆船が描かれています。

NEC_2046.jpg

このワインを造るのはボルドーの巨大ネゴシアンのバリエール社で、
ベイシュベルは親会社が同じだからだそうです。

ちなみに、ラベルだけでなく、
シャトー・ベイシュヴェルの技術陣の全面的な協力で造られています。

構成は、
メルロー75%、カベルネソーヴィニヨン25%。

ステンレス発酵ののち、
全量の2~30%を新樽を含む樽に入れて6ヶ月熟成。

栓を抜いてグラスに注ぎますと
まだ若さの感じられる紫がかった色合いです。

ベイシュベルに似て、
カベルネよりも完全にメルローが支配的で先行してきます。

香りのボリュームはさすがに華やか!ではないですけど、
柔らかく美しいメルロー香がバッチリで、すごく楽しいです。

心地よい控えめな酸味をともなった果実味が、
なにかがひっかかることもなく、キレイに広がります。

余韻も、意外と長く感じられます。しかも優しくて、品があります。
このあたりもベイシュベルと似ているところがありますね。

飲んだ後にもメルロー葡萄の残り香が・・・ハフハフ。

本当にウマー!です。
安心して、このワインの世界にひたれる感じ。

圧倒的なパワーは、ないのですけど、
このまとまりとセンスは、ある意味衝撃的で、素晴らしいと思いました!

ボルドー・メルロー系のデイリーワインとしては5つ星です!

http://www.suntory.co.jp/wine/winery/090/index.html

http://www.barriere-freres.com/en/selection_barriere/grand_bateau_rouge.htm


★グラン・バトー・ルージュ/2005@楽天★

ワイン業界の「物語商法」。造りすぎちゃうのは「偽装」ですよね。 [ワインな日記]

すこし前のニュースみたいですが。
わりと著名な人たちの名前もありますね。
やりすぎちゃいましたよね。

下記は
http://62.73.5.31/champagne.jp/champagne/news_article.php?idDoc=194&back=../i
より転載。


サミットの社交ディナーでサービスされたシャンパンについての誤報


外務省サミット事務局のニュースリリースに
「日本人が初めて設立したワイナリーで造られたシャンパンがサービスされた」など
誤った記述があり、これにもとづいてロイターなどが書いた記事は間違いです。

2008年7月7日の総理夫妻主催の社交ディナーで供された
Le Rêve Grand Cru / La Seule Gloire Champagneは、
フランス、シャンパーニュ地方のChampagne De Sousaという生産者が生産したものです。

サンケイビバレッジ株式会社(代表取締役 合田学剛・事業内容 酒類輸入会社)は、
Champagne De Sousaにプライベートラベルを貼ってもらい、輸入、販売しているにすぎません。

日本の企業がシャンパーニュ地方のブドウ畑を買った事実はありません。

また「日本人がプロデュースしたシャンパン」という表現は、
シャンパーニュ原産地名称保護を損なうものです。

シャンパーニュの生産は、シャンパーニュの定義にもとづき、
生産地域、醸造地域、剪定法、醸造法、

すべて厳密にフランスの法律に定められており、
日本企業のコンセプトや助言によって変えることはできません。

シャンパーニュの生産者は卓上で確認することができます。

シャンパーニュを生産するためには
シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(C.I.V.C.)が交付する業者番号が必要不可欠で、
すべてのボトルのラベルにこの番号が記載されていなければなりません。

番号の頭にMAと書いてあれば、顧客がシャンパーニュ地方の生産者に依頼して、
ラベルだけを特別にかえてもらっただけのプライベートラベルということがわかります。

事実無根、虚偽の広告、宣伝に惑わされないようにしたいものです。

尚、Le Rêve Grand Cru/La Seule Gloire Champagneについての、以下の記事も誤りです。

2006年7、8、9月号  Bon Voyage(Air France機内誌) 文・宇田川 悟
2006年12月14日号  Hanako 文 伊藤 順子
2007年1、2、3月号  Bon Voyage (Air France機内誌) 文 ・矢野 詔次郎
2007年5月号     ADDICTUM
2007年6月号     25ans
2007年8月号     MONTHLY m


2008年7月8日
シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会
日本事務局代表 川村玲子

高畠ワイナリー/嘉 スパークリングブラン/2008 [日本のワイン]

NEC_2043.jpg山形県の地元農家と地域にがっぷりよつで
ワイン造りをしている高畠ワイナリー。

高畠ワイナリー
http://www.takahata-wine.co.jp/

自社畑が無いのに、こんなに美味しいワインが
量産されているのがその証拠でしょう。

リーズナブルなシリーズも量産しつつ、
(とはいえ美味しいですけど!)

しっかりとフラッグシップなシリーズも作りはじめている
というイメージが、山梨のシャトー酒折と近いものを感じます。(^-^)

で、本数限定で毎年作られているのがこちら。

NEC_2043.jpg

ピノ・ブラン57.0% 
シャルドネ21.5%
ピノ・ノワール21.5%
(2008年高畠町産100%)

ピノノワールも入っているし、
色合いは、ほんのりと、薄いピーチ色。

泡は元気にたくさん登ってきて
シュワシュワ感がしっかり。

2008ビンテージということもあって
まだまだフレッシュ全開バリバリ!

酸味もやや強めに感じますので、
温度を上げながら果実味を楽しむ・・・というよりは、

しっかり冷やして、キリリとしたフレッシュさと
ノド越しを味わうと楽しいように思います!

でも・・・
ヴィンテージがNVになったものも飲んでみたいなあ・・・

個人的に気になるのは、
「本格的な瓶内2次発酵のスパークリングも、
コッソリ造ってるんじゃないの!?」ということ。

来週、山形へワイナリー巡りに行ってこようと思ってますので
いろいろ聞き出して来ようと思っています!(^-^)

★高畠ワイナリー/嘉 スパークリングブラン/2008@楽天★

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。