So-net無料ブログ作成
検索選択

中央葡萄酒/グレイス シャルドネ/2007 [日本のワイン]

某マンガ「神の雫」でも取り上げられた

中央葡萄酒のグレイスシャルドネ2007です。

(ドラマにも登場しちゃうんでしょーか!?)

NEC_2127.jpg

NEC_2126.jpg

栽培されているのは最近、いくつものワイナリーが進出している

勝沼じゃない、もうひとつの山梨、明野。

(ボーペイサージュの畑もこのあたりですね。)

日本で最も日照時間の長い明野の畑。

標高は700m、傾斜のある、西向き斜面。

造りは超本格派で、畑のポテンシャルを裏付けています。

垣根方式で栽培、オーク小樽仕込み、低温貯蔵庫で発酵貯槽。

中央葡萄酒のフラッグシップであるところの

「キュヴェ三澤(白)」のセカンドワインという位置づけですが、

十分、楽しいです。酸、ミネラル感もあって、

おしろいのようなニュアンス、シャルドネのフレーバー、ヴァニラ、

・・・というよりも、ほんのりと甘い栗のような香りが印象的で、

個人的には、ちょっぴりニヤリです。プリン的な栗というか。(笑)

新樽比率を低めにコントロールされているのか樽の香ばしさも、ほんのりと。

シャルドネの果実感もしっかりと存在感をアピールしていますが、

全体の印象としては、やはりグレイスらしい繊細にデザインされた美しい感じ。

2002年に開かれた畑ということもあって、もっともっと!と期待。

ここからヴィンテージを重ねていっそうボリュームを増し、

ますます素晴らしいワインになっていくのでしょう!!!

個人的には、もうすこしだけお値段が下がってほしいと思ったりもしますが・・・(^-^;)

★中央葡萄酒/グレイス シャルドネ/2007@楽天★

甲斐ノワール収穫★シャトレーゼ勝沼ワイナリー@10月某日 [ワイナリー訪問]

(だいぶ前の記憶にさかのぼります・・・笑)

2008年10月某日、

シャトレーゼ勝沼ワイナリーの

甲斐ノワールの収穫に潜入してきました。

その日は、小雨まじりの曇り空・・・むむむ。

早朝の高速バスで山梨県は勝沼へ!

(中略)

shatoreze32.jpg

さっそく雨ガッパを装着して・・・ハサミ片手に収穫開始!

shatoreze1.jpg

shatoreze2.jpg

みごとに実った甲斐ノワール!

shatoreze3.jpg

チョキチョキと・・・

なにも考えずに・・・

無心で無口で・・・(笑)

あっというまにお昼ゴハンの時間になってました。

もちろん飲み物は、シャトレーゼの美味しいワイン!

shatoreze4.jpg

たくさん並べていただいて・・・ごちそうさまでした!

一休みした後は、さっそくチョキチョキ・・・

傷んでいる部分はしっかり切り落としてチョキチョキ・・・

雨が降っちゃわないうちに収穫を完了せねば!

(中略)

収穫終了!

ブドウたちにかけられていた紙の傘を拾い集めながら・・・撤収!(午後2時)

shatoreze5.jpg

そのあとはワイナリーへトラックで直帰!!!

ケースにどっさり!

shatoreze33.jpg

このブドウたちを仕込みますよ~

華麗にマシーンを操る工場長の戸澤さん。

shatoreze10.jpg

葡萄の入ったケースを
ベルトコンベヤーに流して除梗マシーンへ。

登っていくコンベヤーの途中でも、
あらためて傷んでいる部分がないかチェック!

shatoreze31.jpg

shatoreze13.jpg

shatoreze14.jpg

梗をはずされたブドウが、
つぎは、どんどん破砕されていきます。

shatoreze16.jpg

はずされた梗は別の出口から
ポロポロと吐き出されてきます。

shatoreze19.jpg

破砕マシーンから延びるパイプ。

shatoreze23.jpg

その先にはステンレスタンクが。

shatoreze24.jpg

shatoreze25.jpg

タンクのなかに
どんどんブドウがたまっていきますよ~

shatoreze26.jpg

shatoreze28.jpg

shatoreze30.jpg

すべて流し込んで、お掃除をして、終了!

そのあとは・・・

ワイナリーの皆さんと参加者のみなさんで

打ち上げの宴でした!ウマー!

ついつい飲みすぎちゃって、帰りのバスは、

乗った瞬間に寝てしまって意識がもどったら終点。

ワープしちゃいました。(笑)

このブドウたちがどんなワインになるのか楽しみです。

メルシャン/日本の地ワイン「長野県塩尻市桔梗ヶ原地区収穫メルロー」/2007 [日本のワイン]

ひっさしぶりの更新です!!!

有楽町のビックカメラで発見。
一本だけ残ってたので買って帰りました。

NEC_2129.jpg

すこし細めのボトルで500ml。
ちなみに900円台のお手ごろワインです。

先日、メルシャンで醸造されている
味村さんにお伺いしたところによると

桔梗ヶ原で収穫されたメルローの中から
最上位のクオリティーのものが「桔梗ヶ原メルロー」に、

そのクオリティーに至らないものが順番に「長野メルロー」などに使われ、
もっともリーズナブルにリリースされているのがこの地ワインシリーズとのこと。

結論としては・・・
このお値段を考えると・・・

スゴイお得だと思います。なんてったって、

桔梗ヶ原メルローと共通する旨味の乗った香りが
(ボリュームとかはもちろん小さいですけどね。)
ちゃんと感じられて楽しめますもん!

ボディこそミディアム~ライトボディな感じですが、
逆になんの気兼ねもなく、スルスルスル~っと。(笑)

ワインをあまり飲まない人でも抵抗なく飲めちゃうハズですし、
日本ワインの入門には、もってこいの一本だと思います。

あらためて・・・さすがシャトーメルシャン。
トップレベルから、本当のデイリーレベルまで、筋が通ってます。

こういったレベルのワインが、このくらいの価格で、
大手の流通網にのって、全国のスーパーの棚に並ぶ。

そのときこそが、真にデイリーに根付くという意味で、
本当の日本ワインのスタートかもしれません。

(某RWG誌の指摘されていたSEIYUで売られている
 ワインのレベルも上がることでしょう!(笑))

そんなわけで、
スーパーで売られている場合もあるそうなので、
みかけられましたら、ぜひ。(^-^)


★長野県塩尻市桔梗ヶ原地区収穫地ワイン【桔梗ヶ原メルロ2007】 500ml@楽天★

第18回 美味しく進化する日本ワインを飲み干す会 [日本ワインを飲みほす会]

あけましてオメデトウございます! m(__)m

2009年の第一弾は、かろやかに

日本各地から×いろんな品種で

バラエティーなラインナップにしてみました!

とりあえず楽しく飲み干しましょーう!(^-^)/

■日時
2008年1月21日(水)19:10~

■場所
『Vinshu』
http://r.gnavi.co.jp/g896304/

東京都中央区日本橋室町3-4-4 JPビルB1
03-6202-6600

■最寄り駅
地下鉄三越前駅 A9出口 徒歩1分 
JR総武線新日本橋駅 1番出口 徒歩1分 
JR神田駅 徒歩5分

■会費
7500円(料理代5000円+ワイン代2500円)

■募集人数
10人(+たこやき坊主)

■ワインリスト

☆タケダワイナリー(山形)/サンスフル(白)/2007
 すでにワイナリーでも完売したらしいです。
 ほんのり甘めでプチプチ発泡。これが日本のウマー!です。

○機山ワイン(山梨)/キザン(白)/2007
 デイリーワインな甲州は、これ一本でOKじゃないかとさえ思っちゃいます!

○勝沼醸造(山梨)/アルガブランカ・イセハラ/2007
 テロワールを表現した特有の柑橘系の香りで即完売のレアな甲州ワイン!

○熊本ワイン(熊本)/KISS KIKKA シャルドネ/2007
 いまや日本ワインの急先鋒をいく熊本ワインのシャルドネ。
 国産ワインコンクール2008で銅賞を獲得!

北海道ワイン(北海道)/鶴沼リースリング/2006
 不出来な年はそもそもリリースしないという看板の鶴沼シリーズの
 ワイナリー限定販売のリースリング!北海道のドイツ系品種は注目です!
 (たしか200本限定だったような?)

○金井醸造(山梨)/デラウエア万力+/2008
 金井さんがつくるとこうなる!という、デラウェアの再発見。
 これもあっというまに完売になっちゃってますね…。

●小布施ワイナリー(長野)/セパージュ・ヨーロピアン/2006
 国産ワインコンクール2008で金賞を獲得!
 すでに手に入らなくなってますね。(僕もこれがラストの1本です…)

●須藤葡萄酒(山形)/メルロー・ヌーボー/2008
 年末の山形巡業で訪問&発掘した1本。本業はブドウ農園のほうだそうで、
 そのぶんワインは贅沢に造られています。本当に贅沢な味わいの新酒! 

●丹波ワイン(京都)/亀岡カベルネソーヴィニヨン/2006
 数ある国産カベルネのなかでも、トップレベルだと思いました。
 ピノノワール、ピノブランに続く、このワイナリーの看板では!? 

●酒井ワイナリー/スペシャルブレンド/2007
 年末に出会った衝撃的なワイン。カベルネ+メルローの
 本格ボルドータイプ。東北の大注目ワイナリー!!!
    
★四恩醸造(山梨)/ローズ・ロゼ/2008
 いま話題の新進ワイナリー。巨峰を醸して造ったドライな新発想ワイン。
 こちらのワイナリーも2007からまた一段と美味しくなってますね!

+αのワインも持って行きますが、
みなさん、自分のペースで楽しんでくださいね!
気軽に参加してくださる方も大歓迎です!(^-^)

>エントリーはこちらからお願いします。m(__)m
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P6404977

明けましてオメデトウございます!

fuji04.jpg
明けましてオメデトウございます。
m( _ _ )m
旧年中は、本当に信じられないほどの
たくさんのアクセスをいただき(!)
まことに、ありがとうございました。
ワインを通じてお世話になった皆様と、
素晴らしいワインたちに感謝しながら、
新年もあいかわらず、
ボチボチと地道に続けてまいりますので、
ひきつづきのご愛顧のほど、
よろしくお願いいたします!
2009年 元旦 たこやき坊主

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。