So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道ワイナリー巡業/オータムショップフェスト@大通公園、ワインショップめぐり、だるま。 [ワイナリー訪問]

ワイナリーめぐりをしていた、ちょうどその期間に、
タワーのふもとにある大通公園でイベントやってました。

『さっぽろオータムフェスト2008』

北海道中のグルメが一同に集結、
大通公園を埋め尽くすという夢のようなお祭りです!

画像 033.jpg

ライブやイベントも盛りだくさんで
盛大な感じです!

はやめの時間に到着したので、まだ人もまばら。
逆にいろいろとスムーズにありつけてラッキー

画像 034.jpg

ワイン関係のショップもいろいろアリ!

画像 036.jpg

画像 037.jpg

画像 035.jpg

北海道グルメをつまみに・・・
ワインショップが出していたお店へ!

画像 042.jpg

こんなワインとか・・・

画像 043.jpg

あんなワインとか・・・

画像 044.jpg

こんなワインたちも・・・

画像 039.jpg

あんなワイナリーのワインまで!

画像 041.jpg

堪能させていただきました・・・(^-^)

その後は中心部へ、くりだして・・・

画像 047.jpg

ロビンソン百貨店の地下のワインショップへ!

画像 048.jpg

画像 051.jpg

北海道のワインがものすっごいありました。マニアック!
お店の奥にはテイスティングカウンターもありましたが満員!

画像 050.jpg

画像 049.jpg

三越百貨店の地下ワインコーナーもチェック!
この品揃え・・・さすが本場です!

画像 030.jpg

画像 031.jpg

お店チェックの後は・・・ススキノへ!

画像 052.jpg

北海道といえば・・・ジンギスカン!
いつも、ついつい、この店に来ちゃいます。

画像 053.jpg

めっちゃめちゃウマいんです!!!!

画像 054.jpg

ああ・・・大満足。

美味しいものもあって、ワインもあって、
路面電車の似合う街並みもあって・・・北海道、大好きです!(笑)

画像 046.jpg

北海道ワイナリー巡業/中央葡萄酒グレイス千歳ワイナリー(その2) [ワイナリー訪問]

その後、いろんなワインをテイスティングさせていただきつつ、
秘密の資料なんかも拝見しちゃったりなんかして・・・ウフフ。

画像 024a.jpg

青木さんの研究データがいろいろ記載されていたのでアレなんですが、
北海道がどんな気候かといいますとですね・・・

【緯度】
北海道余市・・・北緯43度
ブルゴーニュ・・・北緯47度
ボルドー・・・北緯45度


【年間平均気温】
山梨勝沼・・・13度
北海道余市・・・8度
ブルゴーニュ・・・11度


【4~10月降水量】
山梨勝沼・・・833mm
北海道余市・・・694mm
ブルゴーニュ・・・年間で約700mm
ボルドー・・・年間で約800mm


【4~10月日照量】
山梨勝沼・・・1062時間
北海道余市・・・1028時間


画像 025.jpg

画像 022.jpg

左のラベルは北海道仕様のもの。
個人的に一番注目していたピノ・ノワールですが、

2005ヴィンテージは酸が強め、
2006ヴィンテージは果実味も乗っていてやや飲み頃?な感じ。

2006年は10年に1度!というほど気候的には素晴らしかったのそうですが、
秋雨が降ってしまい、ちょっともったいなかったそうです。

特別にいただいた新ヴィンテージのピノ・ノワールが・・・
段違いに旨くなってますよコレ!!!ピノ感がばっちりです。

いきなりワインの厚みがちがう感じで、ちょっとびっくり。
青木さん、なにか、つかみましたね!?これは楽しみな一本です!

画像 017.jpg

国産ワインコンクール受賞の千歳ブラン。
酸がやや一本調子なんだけれど、
お手ごろで、なおかつ、普段飲むには旨いでした。

ピノとならんで、こちらの看板&定番?なケルナー。

シュールリータイプ(5ヶ月)もありましたが、
個人的にはこちらのフレッシュさが◎でした。

画像 021.jpg

で、ワイナリー限定のケルナー・プライベートリザーブ。

画像 020.jpg

これが・・・抜群に旨い!!!
ケルナーの華ばなしい花の香りと
味わいのボリュームが一段上です!!!

この後も北海道内のケルナーをいろいろ飲みましたが、
どしっとした本格派なケルナーNO1はこの一本でした。

樽をつかったものも2~3割ブレンドされているそうで、
コレは~ウマ~ですわ~~~~というわけで即購入。

(※じつは、空港内のワインショップにも売ってました。見つけたら買うべしです!)

「ハスカップ・・・食べてみます?」

ハスカップ・・・うう!!!すっぱい!!!
果実のままだと、かなりキテマス。(笑)

なんとハスカップのすっぱさは、
ぶどうの3倍くらいあるのだそう。

そりゃーすっぱいわけです!!!(^-^;)

併設されているショップにも・・・

画像 013.jpg

もちろんハスカップワインもありましたよ!

画像 015.jpg

ピノのセニエでロゼワインも造っているのだそうですが、
こちらはワイナリー限定発売&大人気のため完売していました。

(がっくり・・・だったのですが、その後、道内・某ショップにてしっかり捕獲!)

まだまだ設備など
体制は理想的とはいえないのかもしれませんが、

北海道のポテンシャルを着実にひきだしつつ、
毎年毎年、確実に進歩しているという感じがひしひしと伝わってきました。

北の大地ならではの栽培、醸造、気候、
いろんな要素をつかみきって、活かしきったとき、
はたしてどんなワインが生まれているのか。

本当に楽しみです。

青木さん、お忙しいところたくさんお話をお伺いさせていただき、
本当にありがとうございました!(感謝!)

画像 027.jpg

★北ワイン ケルナー 中口@楽天★

★ケルナー辛口@楽天★

北海道ワイナリー巡業/中央葡萄酒グレイス千歳ワイナリー(その1) [ワイナリー訪問]

遅くなっちゃいましたが・・・
昨年10月に北海道のワイナリー巡りをしてきました。

日本のワインと言えば山梨県が、
東京からの物理的距離も情報の距離も近いこともあって
取り上げられやすいですが、

気候的にも広大な土地がまだまだ残っているなど
潜在的可能性について言えば北海道の未来はとても明るいでしょう!

(実際、とても素晴らしかったです。日本じゃないスケール感!)

北海道行くなら、やっぱりエア・ドゥ!

NEC_1783.JPG

着いたらさっそくラーメン!(笑)

NEC_1784.JPG

まだ寒くはない時期だったので(ひんやり程度)
とても過ごしやすかったです。

まず向かったのは・・・千歳!!!

画像 002.jpg

山梨の老舗御三家、中央葡萄酒が
北海道で次の展開を見せるグレイス千歳ワイナリーを目指すのでした。

【グレイス千歳ワイナリー公式サイト】
http://www.chitose-winery.jp/index.html

地図では駅から近い・・・歩いても10分以内のはず・・・

が!

迷ってしまってました。地図勘ナシ!(笑)

何回もワイナリーに電話して道を誘導していただきつつ・・・(スンマセン・・・)。

到着!

画像 004.jpg

お話させていただいたのは
「北海道の小熊★(byグレイスワイン・Fさん)」こと醸造担当の青木さん。
なんと、山梨大学のご出身で、北海道の担当になって4年目だそうです。

画像 027.jpg

もともとは地元農協から、
ハスカップがたくさん獲れるので、果実酒を作ってほしい
という依頼を受け、

北海道でのワイン栽培の可能性もにらみつつ創設された
というのがスタートのワイナリーで、
ワイナリーの玄関脇にはハスカップの樹が。

画像 028.jpg

さて、中に。

画像 005.jpg

ワイナリーの建物は、かつての米倉を流用したもので、
梁や天井からは歴史を感じます。

画像 006.jpg

壁に使われているのは「札幌軟石」という石で、
冬は暖かく、夏は涼しく、湿度もちょうどよくなる、
という利点があるそうです。

画像 007.jpg

こちらのワイナリーは現在4人体制だそうで、
設備そのものは決して最新式のものではなく、
山梨の勝沼にある本社ワイナリーから転用しているものも多いそうです。

うおー!昭和33年!

画像 008.jpg

「ホーロータンクは酒石がつきにくいので楽なんですよー」と
前向きに笑顔の青木さん。(^-^)

とはいえ、北海道のポテンシャルをさらに引き出すべく、
すこしづつタンクも新しいものが導入されているようです。

画像 010.jpg

こちらのタンクを使ってピノノワールには、
コールド・マセレーションにもトライしているそうです。

これは北海道のどのワイナリーのワインでもそうだったのですが、
酸度はやはり高めになるため、がんがんに酒石酸を出して除酸してしまうそうです。

やはりキーワードは「寒冷気候」でしょうか。

「収穫したぶどうを仕込む前に、機械で冷やすさずとも、
自然の寒さで冷えているので仕込がスムーズにできるのは北海道のメリット」

北海道の気候のよさを見つけて、活かしてワインづくりをされているんですねー。
醗酵も自然の寒さで、いいところで止まってくれるのだそうです。

畑は近くに・・・?

「いえ、自社畑はとくになく、内陸部の岩見沢と、沿岸部の余市に契約農家さんがあるんです」

とくに余市は、前を海に、後ろに山に囲まれた海洋性気候で、
実際、ぶどう以外にも、いろんな果実が実りまくるフルーツ王国として有名。

なかでも余市の契約農家である木村さんとの信頼関係はそうとう太いようで、
すでに92年から苗を渡して、16年間、二人三脚でやってきたそうです。

画像 018.jpg

木村さんはケルナーを1.5ha、ピノ・ノワールを1ha栽培されていて、
今年(=2008年)は、海外の乾燥地並みに特に雨も少なく好天で、
とても良い年になったそうです。

(ケルナーの糖度が20度、ピノ・ノワールは、なんと22度まで上がったそうです!!!)

画像 019.jpg

ぶどうの生育でいうと、山梨のぶどうよりも成長が1ヶ月遅く、
じっくりと冷涼な気候で成熟するため、とてもポテンシャルを感じているそうで、

リースリングの栽培へのトライアル計画まであったり、
三澤社長も自ら1ヶ月に数回やってくる力の入れようだそうです。

すごいなあと思ったのは、冬の間は畑の温度がマイナス20度!
こうなると、ぶどうの樹は、むしろ雪に埋もれていたほうが生き延びるのだそうです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。