So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道ワイナリー巡業/北海道ワイン(3) [ワイナリー訪問]

そしていよいよ、テイスティングコーナーへ!

ショップの一部にコーナーが設けられていました。

画像 365.jpg

画像 420.jpg

超ベテランのマーケティング&営業担当の渡辺さんに

ワインの解説をしていただきながら、ずらりと・・・20種類くらい?

渡辺さんは、商社など本当にさまざまな経歴の持ち主で、

これからは北海道ワインの普及に力を尽くしたいとのことでした。

笑顔でニコニコしながらも、ビシビシと包み隠さない本音で、

とても気持ちよくお話してくださいました。(^-^)

北海道ワインがつくっているワインは

お土産ワイン系を含めると、実に数百種類!!!

さすがに多すぎるため、これからは

銘柄数の整理縮小を進めていくとのことでした。

画像 414.jpg

ちょっと暗いんですけど・・・

栽培されているブドウ品種の解説です。

画像 371.jpg

画像 372.jpg

画像 421.jpg

画像 422.jpg

一番しぼり(=フリーラン果汁)でつくられたミュラートゥルガウ。

1300円という価格ながら、雑味もほとんどなく、すっきりとした辛口。
このレベルの「おたるシリーズ」でさえ自社畑100%というのがスゴイ。

画像 423.jpg

画像 424.jpg

鶴沼ヴァイスブルグンダー/2004

この鶴沼シリーズが、
北海道ワインを代表するフラッグシップシリーズです。

ヴァイス・ブルグンダーとは、フランスでいうところのピノ・ブラン。
鶴沼の文字が金色のヴィンテージは、良年だったというしるし。

国産ワインコンクールで銀賞を獲ったそうで、
個人的にはやわらかいミュラーよりも、すこし硬いキャラクターのこちらが好きかも!?

丹波ワイン、高畠ワインのピノブランと並ぶ3強だと思います。
(僕が飲んだなかでは、ですが!)

画像 425.jpg

鶴沼リースリング/2004

そして、北海道ワインさんをして
「高級品種といわれるだけあって栽培が難しい」リースリング。

品種の香りはあるものの、
生産本数は、わずか380本だそうです。

むー。手ごわいんですね~

画像 426.jpg

鶴沼ミュラートウルガウ/2006

やわらかい口当たりと果実味があって、
ヨーロッパ系品種らしい華やかな香りがほどよく楽しめるので、
まずなにか1本といわれれば、この品種がオススメです!

画像 427.jpg

鶴沼トラミーナ/2006

生産本数1000本。あのゲヴュルツ・トラミネールです。
金色ラベルなのですが、「あまり売りたくない」と渡辺さん。

「狙っているレベルまで美味しくなっていないのと、
 粒が小さく少ないので、ワインをつくるには効率が悪すぎる。」

美味しいですよ。これ。

でもダメなんでしょうね・・・意識高いなあ。

あと、やはり経営を見通した栽培・醸造がないと長くは続けていけないという、
北海道の農家を背負うワイナリーの使命と責任もあるのでしょう。

画像 429.jpg

鶴沼バッカス/2006

ハッキリとマスカットが香るのが、このバッカスという品種。
ケルナーよりは品という部分では劣るものの、厚みがあって楽しみやすいかも。

ほんのりと甘みが残る中口なので、誰しもスイスイ飲めちゃう感じ。
バッカスのワインとしては、とてもキレイに、品よくスマート。さすが。

画像 430.jpg

木樽熟成ピノ・ノワール/2003

ワイナリー限定発売だそうです。

これだけ熟成してからリリースできるところに
北海道ワインの財務的体力を感じますね!

北海道らしいやや強めの酸が熟成を経て
いくぶんおだやかになりつつも、

軽やかなボリュームに、チェリーがチャーミングに香りつつ、
木樽のせいか、いくぶんクラシカルな味わい。

ドイツ系のクローンなのかもしれませんが、ピノのブドウで作った、
ピノ・・・になろうとしているワインという印象でした。

が、ヨーロッパに比べれば、まだまだ北海道ワインの歴史は浅く、
もちろん、北海道の気候のポテンシャルを考えると、

長い目で追いかけてみたいワインです。
これからの進化が楽しみです。(^-^)

この品種が本格的に鶴沼シリーズとしてリリースされたとき、
北海道ワインはスゴイことになっていると思います。

画像 431.jpg

おたる セイベル13053/2006

フランスでは栽培が禁止されてしまったセイベル。
いくつかの種類があって、末尾の数字によって変わります。白もあります。

甘みと酸のしっかりとした乗ったフルーティーなワイン。
渋みの少ないライトボディ。

藤本毅 レンベルガー/2004

匠シリーズ。口当たりがやわらかく、
ざらざらを感じるタンニンが、とても「生」のワインな感じ。

僕は、北海道での赤ワインは、いろんな要素のバランスの良い、
このレンベルガーが引っ張っていくような気がしています。

なにより酸のこなれかたが他の品種よりもスムーズで
親近感が得られやすいと思うんですよね。

画像 434.jpg

鶴沼ツヴァイゲルト・レーベ/2006

プラム、黒いベリー、スパイスのある本格風味。
わりとガッツリした強さのあるイメージの品種ですが、

なめらかさがあるミディアムボディで仕立てられているので、飲みやすい!
国産ワインコンクール銅賞受賞。

画像 446.jpg

画像 447.jpg

貴重なナイアガラの熟成、飲み比べもさせていただきました!

で、北海道ワインの鶴沼シリーズのクオリティの高さもさることながら、

実は美味しいのが・・・甘口系ワイン!!!

画像 448.jpg

おたる ナイヤガラ/2007

マスカットが強く、ハーブやミントの香りも華やかに立ち上ります。
甘口で、観光客の皆さんに人気のありそうなタイプ。

画像 449.jpg

おたる 完熟ナイヤガラ/2007

完熟タイプ。いっそう濃厚さがアップします。
甘口・・・って癒されるなあ・・・。(笑)
国産ワインコンクール銀賞受賞。

画像 451.jpg

個人的には、甘口でぶっちぎりで美味しかったのがコチラ!

おたる 特選ナイヤガラ(限定醸造)/2007

ついマスカット系の香りが華やかになりすぎるワインが多かったり、
そこがまた好き嫌いの分かれそうなのがこの品種だと思うのですが、

マスカットの香りが強すぎず弱すぎず、
絶妙のボリュームにコントロールされていて

美味しい甘口ワインの基準である
酸味と甘味のバランスがGOOD!!!

これで2100円というのが素晴らしい・・・即購入。(笑)
国産ワインコンクール銀賞。

画像 453.jpg

鶴沼トロリンガー/2005

ロゼはこの1本。

トロリンガーはイタリア原産だそうで、房がおおきく、
大粒で皮が薄いため、ロゼ向きの色合いになるそうです。

最後に、特別に

貴腐葡萄37ケルナー/2004(すでに完売)

をいただきましたが・・・

渾身の1本!!!

ウマすぎです!!!

さすが国産ワインコンクール金賞・・・お値段も破格でしたが・・・。(苦笑)

画像 382.jpg

北海道の農家、というよりも、農業の一部を背負いながら、
日本一のワインをつくりながら、お土産ワインもつくらなければならない
経営バランスを求められる北海道ワイン。

まだまだ北海道のポテンシャルに向き合いながら、
いまも、これからも、試行錯誤が続きながら、進化していくのでしょう!

目の前の広大な可能性をまだまだもてあましている、という
日本のワイナリーにあって、ある意味で幸せな状況かもしれません。

(もちろん、あれだけの冷寒な大地で、
 想像を超える過酷な努力があることは想像に難くないです・・・)

若手の醸造家たちの、新しいチャレンジも始まっていると聞きました。
すごく・・・楽しみです!(^-^)

※最後にシメで、名物のワイン・ソフトクリームを食べて帰りました。(^-^)

画像 455.jpg

長時間お時間を割いてお付き合いしてくださった
北海道ワインの渡辺康夫さん、ありがとうございました!m( _ _ )m

おまけ)

新千歳空港内にワインショップがあって、
ざっと北海道のワインが揃っています!

画像 464.jpg

その隣のほうに、いろいろ飲めちゃうお店もあってオススメです!
(当日は時間が遅くて閉店しちゃってました・・・涙)

画像 466.jpg

北海道ワイナリー巡業/北海道ワイン(2) [ワイナリー訪問]

この日は残念ながら時間のつごうで

鶴沼の畑までは足を伸ばせませんでしたので、

ワイナリーに掲出されている写真より・・・。

画像 410.jpg

画像 411.jpg

画像 412.jpg

画像 413.jpg

工場内もひと通り案内していただきました。

いたるところ・・・タンク!タンク!タンク!

合計で300本以上もあるそうです!!!

ちょうど収穫ブドウを待ち受ける醸造チームとも遭遇。

画像 383.jpg

画像 384.jpg

画像 385.jpg

画像 386.jpg

画像 387.jpg

画像 388.jpg

画像 389.jpg

画像 393.jpg

画像 395.jpg

画像 397.jpg

画像 401.jpg

画像 403.jpg

画像 404.jpg

北海道ワインとコラボレーションする栽培家のなかに、

2人の「匠」がいます。

画像 417.jpg

左が、北島秀樹さん。

右が、藤本毅さん。

お2人ブドウで造られるワインは、

国産ワインコンクールでも受賞されるほどの逸品。

受賞といえば、北海道ワインもかなりのコンクール荒らしですね~(^-^)

画像 419.jpg


北海道ワイナリー巡業/北海道ワイン(1) [ワイナリー訪問]

北海道ワイナリー巡業、最後に訪問したのは、
誰もが認める北海道の開拓者=北海道ワインです!

【北海道ワイン 公式サイト】
http://www.hokkaidowine.com/

北海道ワインの本社・工場があるのは、運河で有名な小樽

北海道ワイン社長の嶌村(しまむら)彰禧さんは、
まさに、北海道でのワインづくりの開拓者。

ちなみに出身は山梨県は勝沼のそばにある塩山。
山梨人脈は太く日本中に広がっている・・・)

はじまりは、昭和47年。

ノウハウも、情報も、環境も、畑さえなく、
ワイン用ブドウ栽培は非常識といわれながら、

ドイツ系品種を植え始め、試行錯誤を繰り返し、
豪雪地帯での葡萄栽培を軌道を乗せた。

6000本植えて、根付いたのは
たった300本だったそうです・・・。

画像 415.jpg

画像 416.jpg

数十年に及ぶ格闘と挑戦の日々が
北海道新聞夕刊に連載されていたそうです。

下記のシリーズ記事は一読の価値アリです!

【「大地に描くワインの夢 」@北海道ワイン公式サイト】
http://www.hokkaidowine.com/contents/president/index.html

で、どのくらいの規模かといいますと。

社員数は約100名。生産量も現在では
十勝ワインを抜いて北海道1位、国産葡萄使用量は全国1位。

年間のぶどう使用量は約2500トン(!)
これは北海道全体で収穫されるぶどう全量の4分の1という巨大な量。

画像 418.jpg

契約農家からのぶどうでもワインが作られているのですが、
注目しておくべきは、自社畑。

自社畑は小樽から北東へおよそ100キロの浦臼町鶴沼にあって、
その面積は、なんと東京ドーム約101個分!(デカイ!)

画像 410.jpg

画像 456.jpg

ドイツのライン地方にとてもよく似た気象条件で、南向きの丘陵地。
冬の寒さもおだやかで、夏には適度な雨と好天に恵まれるそうです。

この鶴沼部分は厳密には「有限会社 鶴沼ワイナリー」として子会社化され
鶴沼ワイナリー社長を務めるのは、今村直さんという方で、

ヨーロッパ系品種がたくさん栽培され、北海道ワインを代表する
フラッグシップワインである「鶴沼シリーズ」の原料となっている。

ここで「北海道」の世界的な位置づけについて確認を。

画像 409.jpg

北海道は北緯42~45度に位置し、
ぶどう栽培の気候区分では「リージョン1」に該当します。

このこの「リージョン1」にはドイツ、フランス北部のシャンパーニュ地方、
フランスとドイツの国境地帯にあるアルザス地方などが含まれます。

こうした世界的にも高品質な白ワインの産地を視野に入れながら、
北海道ワインでは白ワイン:赤ワイン=65%:35%の比率で栽培されています。

振動により実だけを落とすという素晴らしくパワフルな機械で、
人手ならひとり500キロ/日だったものが、30トン/日を収穫できるようになったそうです。

香りの成分を大事にしたいミュラートゥルガウなどのヨーロッパ系品種の場合は特に、
最適な時期を逃さず、一気に収穫できるようになったそうです。

北海道ワインが、高品質なワインを、
非常にリーズナブルな価格で販売できるのは、

このハーベスターの存在と、自然の地下水をくみ上げ、貯蔵タンクを冷やすなどの
省エネによる部分が大きいようです。

◆ハーベスター(自動収穫マシーン)の動画はこちらから見れます。1台3000万円!
http://www.hokkaidowine.com/contents/production/vineyard/0510.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。