So-net無料ブログ作成

東北ワイナリー巡業/高畠ワイナリー(2) [ワイナリー訪問]

この高畠には「時沢ぶどう」という名産品があって
全国品評会でも賞を取り捲るほどの美味しさだそうです。

最近の研究では、ワインをつくっていた?と思われる
縄文式土器も発掘されたりしていて、

この高畠も果実にはとても良い環境のようですねー。

高畠地区は、その火山岩が隆起してできた山形盆地の内側にあって、
内陸性気候のために夏季と冬季の寒暖差が大きい。

●年平均気温10℃前後 最高34.4℃ 最低-13.9℃
●年間降水量1,300mm前後
●葡萄、ラ・フランス、林檎などの果物をはじめ、美味しいお米、新蕎麦など

画像 029.jpg

畑さんの運転してくださる車からは、
隆起してできた山のような丘のようなぽっこり山が、
あちこちに見えます。

最初に案内してくださったのは大立地区・・・

画像 030.jpg

息をのむ、

日本の原風景・・・(感動)

まるで日本昔話の光景ですよ!

そしてそこにあるのが農家:木村さんの畑。

画像 035.jpg

画像 031.jpg

かなり斜面きついですよ~

木村さんも70歳をこえてらっしゃるそうで、

これは大変な斜面です・・・。

(木村さんはとてもお元気でした!怪我にお気をつけてくださいね!(^-^)

画像 033.jpg

この畑でも岩の上にブドウの木が生えてる!
(アンビリーバブル!)

画像 034.jpg

根が抜けて広がっちゃうんだから、
すごいやわらかいんですねー。

画像 036.jpg

※ちなみに。高畠ワイナリーには4つの地区ごとに造られる
 シャルドネのシリーズがあって飲み比べができるんですね。
 4つの地区は、大立地区、屋代地区、和田地区、亀岡地区。
 (http://takoyakibouzu.blog.so-net.ne.jp/2008-07-24

いざ、高畠号で次の場所へ!(^-^)

画像 037.jpg

峠の上から見渡す高畠地区。

画像 039.jpg

完全に山に囲まれた盆地で、
内側の平野部にもポコポコと隆起した小山が見えます。

次は時沢地区。

ここではシャルドネとメルローが栽培されています。
今年はシャルドネの収穫が10月13日だったそうです。

高畠ワイナリーがてがけるシャルドネの量は
なんと100トン!!

画像 045.jpg

この棚の上のところ辺りまで
雪が積もっちゃうこともあるそうで
雪対応は東北の悩みですよね。。。

画像 042.jpg

窒素がやや多いために
収穫後のブドウがまだ残ってました。

画像 044.jpg

どんどん行きまして・・・

こちらがピノ・ノワールの畑!!!

完全に垣根で、草生栽培。樹齢は2~5年。

とはいえ、糖度が23度までいっちゃうそうなので

すべての樹齢がもうすこしあがった時、かなり期待大ですね!

はやく飲んでみたい・・・(^-^)

画像 052.jpg

画像 047.jpg

画像 051.jpg


東北ワイナリー巡業/高畠ワイナリー(1) [ワイナリー訪問]

北海道に続いて、必ず訪問してみたかったのが東北のワイナリー。

東京からだと、なんとなーく遠くて、なんとなーく静かな印象ではないでしょうか?

でも!

新幹線だと2時間半くらいで行けちゃうんですよね。

(名古屋に行くのと同じくらい!?)

まあ、電車で飲んでりゃ、あっというまです。(笑)

その第一弾は、高畠ワイナリーです!

1990年創業。今年で19年目ですが、
かつてはコカコーラグループの資本もあり、

さらには、いまやワイナリーの中核を担う畑貴嘉さんが加わり、
ものすごい進化のスピードで、東北を代表するワイナリーに駆けあがりました。

スパークリングワインのバリエーションが豊富で(10種類くらい?)
デイリーワインから長期熟成向けの高級ワインまで幅広くつくっています。

農協JA山形から、とてつもない量のブドウを入手する一方で
60軒の契約農家と二人三脚でフラッグシップになるワインを手がけています。

生産本数は約80万本!

そのすべてをつくり出す畑さんは
スーパー醸造家だといっても過言ではありません。

もともとご出身は石川県で、山梨大学を卒業後、
高畠ワイナリーへ入社され、10年以上のキャリアを積まれています。

【高畠ワイナリー 公式サイト】
http://www.takahata-wine.co.jp/index.html

山形新幹線高畠駅下車、徒歩10分なので駅からホントすぐです。
(大きな荷物を持っている場合、駅の中に荷物預かり所があるのでオススメです)

なんと駅まで、醸造責任者の畑さんが
迎えに来てくださいました。(感謝)

ちょうど到着がお昼すぎだったので、
お昼ごはんでもいきますか?と連れて行ってくださったのが、こちら!

地元でも有名なラーメンのお店でした。
こちらが名物「米沢ラーメン」。

画像 002.jpg

米沢牛しかしりませんでしたが・・・
米沢ラーメンうまい!!!

こちらは畑さんが食べていたノーマルの中華そば。
煮干&鶏がらで、食べ応えのある味と、細麺のコンビネーションが◎!

ふー、おなかいっぱいです~

それでは、ワイナリーへ・・・え?畑さんどこへ!?

「ちょっと(笑)」

到着したのは、

画像 007.jpg

画像 005.jpg

知恵の神様、亀岡天神~!

お参りもして・・・って・・・・畑さんの真意が見えないです!(笑)

「この足元の石が、高畠石なんですよ」

よく見るとあたりの石は、軽い質感で、
気泡が抜けた後のようなスポンジみたいな石です。

「さあ、次にいきましょうか」

今度はどこにいくんですか~(@_@)

画像 008.jpg

画像 009.jpg

到着したのは、なんと石切り場!!!

画像 023.jpg

しかも、ものすごいスケール!!!

画像 015.jpg

※ちいさく写っているのが畑さん。

これが、このあたりの土壌を構成する高畠岩。

画像 028.jpg

もともとこの高畠のあたりは、
縄文時代に海の底から隆起してできた
特異な場所なのだそうです。

そのため高畠岩には栄養成分(ミネラル)が豊富で、
多孔質の凝灰岩であるため、岩なのにやわらかい
という性質があるのだそうです。

画像 017.jpg

とにかく自然の成分がバランスよく
岩の中に閉じ込められているそうで、

実際、見上げると・・・

岩の上に木が生えてますよ!(※土はありません)

画像 020.jpg

しかも根が岩の中を突き抜けてます!

画像 021.jpg

これが高畠のテロワール。

むむむ・・・石灰質とかよりもなんかスゴイ感じ。


第16回 日本ワインを飲み干す会、やってきました! [日本ワインを飲みほす会]

2008年10月17日(金)@VinShu

開催は去年の秋でした・・・(汗)

総勢16名での開催でした!(感謝)

画像 922.jpg

画像 918.jpg

☆メルシャン/穂坂の泡/2007
 国産ワインコンクール最優秀カテゴリー賞受賞!
 ほろ甘いベリーAのスパークリング。ウマーです!

画像 919.jpg

○丸藤葡萄酒/甲州シュールリー(マグナムボトル)/2007
 山梨勝沼の老舗中の老舗がつくる超定番の甲州ワイン!
 けっして派手ではないですが、いつ飲んでも安心感があります。さすがです!

画像 920.jpg

○機山洋酒/キザン セレクション シャルドネ/2006
 すぐ完売しちゃう人気も納得。マジメに造られたみずみずしいシャルドネ。
 (熟成したらどうなるかな?)

画像 913.jpg

○安心院葡萄酒工房/イモリ谷シャルドネ/2006
 受賞常連のワイナリーがつくる九州シャルドネ!国産ワインコンクール金賞。
 おなじく金賞受賞の熊本ワインのシャルドネがボディー感に個性があるとすると、
 こちらは高いレベルでのバランスというかまとまりがGOOD!

画像 912.jpg 

○中澤ヴィンヤード/栗沢ブラン/2007
 北海道の素晴らしい可能性を感じさせる、華やかな香りとミネラリーたっぷりなワイン!
 ピノグリ、ゲヴュルツトラミネール、ケルナー、シルヴァーナーの4品種ブレンド。

画像 914.jpg

●四恩醸造/窓辺(赤)/2007
 日本ワインにおける新コンセプトのデイリーワイン!
  リリースから少し置いて飲んでみました…が、やはり早飲みが◎かも!?

画像 923.jpg 

●ココファーム/農民ロッソ/2005
 すいません・・・何回飲んでも好きなんです・・・。 (苦笑)カベルネ、メルロ、ノートンの
 重層的な味わいがしっかり楽しめて、リーズナブルなのも◎(1800円)

画像 915.jpg

●メルシャン/桔梗ヶ原メルロー(マグナムボトル)/1996
 メルシャン史上、たった一度だけつくられた桔梗ヶ原メルロのマグナム!
 12年熟成されてどう・・・って、まだまだ力強くて元気やないですか!(驚き)
 これはまだまだ・・・10年くらいは熟成しそうな感じですよ~。

デザートは・・・

メルローのアイスクリーム!

ウマー!すぎる!

画像 924.jpg

画像 917.jpg

■アルプスワイン/プラチナコレクション メルロー/2007
 追加で投入したワイン、その1。
 当日ワイナリーから直送していただきました。
 ぶっちゃけ、この日の、一番人気だったかも!?(^-^)

画像 925.jpg

■アルプスワイン/アサンブラージュ TypeR/2007
 いろーんな品種が絶妙にブレンドされてます。この技が前島さんの魅力の1つ。
 果実の香りが束になって、とてもクリーンでキレイ。国産ワインコンクールでも受賞。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。