So-net無料ブログ作成
検索選択
そのほかの国のワイン ブログトップ
前の10件 | -

KWV ブリュット /NV [そのほかの国のワイン]

シュナン・プラン種を主体としてシャルマ方式で造られたスパークリング

南アフリカのシュナンブランは個人的には注目していて、買ってみました。

じっくり味わって飲む・・・というよりは、のどごしを楽しむ系のキャラクターだと思いますが、

リラックスさせてくれる、ほどよい甘い香りもすこしありつつ、

酸のキレの緊張感もあって、バランスが良いと思いました。

1000円でこの味なら、なかなかGOODではないでしょうか!?

NEC_1864.JPG

1918年、ワイン産業の安定を求めて、ブドウ栽培農家によって協同組合であるKWVが設立されました。KWVはアフリカ語で「南アフリカブドウ栽培協同組合」を意味する“Ko-operatieve Wijnbouwers Vereniging Van Zuid-Afrika Beperkt”の頭文字の一部を取ったものです。それ以前は小規模農業として、産業としての認識もなかったワインづくりは、KWVの設立により、国をあげて産業として、ワインの品質向上や輸出増進へと取り組むようになったのです。そして、1925年には南アフリカ独自の品種ピノタージュを誕生させ、1957年には冷却濾過を採用するなど、数々の実績を残してきました。

1997年12月、KWVは大々的な組織改革を行い、株式会社として再スタートを切ります。現在でも、約4,500の農家が加盟。ワインやブランデーにおける南アフリカ最大の輸出業者であり、業界のスポークスマンであり、指導者であり、生産・マーケティングの先駆者として、政府機関とも緊密な連携を取りながら、南アフリカ産業のリーディングカンパニーとして大きな役割を果たしています。昨今は、グローバルな視野に立った品質向上、世界市場を見据えたマーケティング・販売を行い、南アフリカワインを広く世界へと普及させています。


主な輸出先は、イギリス、オランダ、フランス、ドイツ、ベルギー、カナダ、アメリカ、日本など30以上の国々。ブドウ品種の個性をよく表したワインが多く、近年はブドウ栽培やブドウ醸造に関する最新技術が導入され、生産者たちの革新的なスキルが加わったことで、品質がめざましく向上。世界中の数多くのコンテストで、幾度となく栄誉に輝くワインも誕生しています。

コノスル/ゲヴュルツトラミネール・レゼルバ/2007 [そのほかの国のワイン]

なにも言うことはありません・・・。

何回飲んでも美味しい・・・。

地上最強のコストパフォーマンスでは・・・。

NEC_1596.jpg

ニール・エリス/シャルドネ/2005 [そのほかの国のワイン]

NEC_1594.jpg

南アフリカは、ステレンボッシュのワイナリー。

醸造技術の進歩なのかは知りませんが、

めちゃスマートで洗練されたワインに出会うことが多いです。南アフリカ。

これも果実のボリュームが、程よく、静かに、

南アらしからぬクールなシャルドネの旨味が同心円状に広がっていく感じ。

ただし後半のほうに渋みが気になるのと、

時間が経つと味わいがキザギザしてくるのが×だけれど、

これはなかなかの掘り出し物かもです!

長野シャルドネぽい印象かも。

アルテラティーノ・カヴァ・ブリュット [そのほかの国のワイン]

また飲んでしまいましたよ…コレ・・・。

NEC_1538.jpg

都内だとヴィノス山崎というワインショップチェーンで扱っています。

1200円です。

ウマー&コストパフォーマンス最高GOOOODです。

[ニューヨーク・タイムス]の『高級シャンパンに匹敵するスパーク特集』で
堂々第一位の【BEST-VALUE】を獲得!!
さらには超有名ワイン雑誌[WINE & SPIRITS]では、なんと
3年連続で最高位【VALUE BRAND OF THE YEAR!】を獲得!!

だそうです。賞とかどーでもよくて、本当に美味しいです。

泡は元気なので、半分残して2日目にも飲み比べてみてください。

ボクは2日目のほうが味わいにコクがでてきて、好きです!

マカベオ50%、チャレッロ25%、パレリャーダ25%
スペイン‐DOカヴァ(カタルーニャ州ペネデス)

★アルテラティーノ・カヴァ・ブリュット@楽天★

ケー・ド・クルビス/NV [そのほかの国のワイン]

大丸のイベントで出会って


ウ ー マ ー イ ー !


と叫びながら大量購入してしまったチュニジアのスパークリングワイン

NEC_1501.JPG

フランス・ボルドー地方で行われる国際ワイン・スピリッツコンクール

”レ・シタデル・デュ・ヴァン”2007度銀賞受賞スパークリングワイン。

チュニジア勢ではじめて受賞したとか言ってましたbyイベントで話したインポーターさん。

シャンパン方式で、シャルドネ100%使ってつくったブラン・ド・ブラン。

また飲んでしまいました。

また美味しいです。ウフ♪

とりわけ、ほんのりとした香ばしさと、イーストの香りがしっかりあるのが

味覚快感のツボを突いてくるんです!

アフリカ大陸でいま注目なのは、チュニジアではないでしょうか。(と思ってます)

いくつか飲んだりもしてますが、ヘタな欧州ワインより、バッチリうまいです。

アフリカ大陸最北端の国で、アフリカって言うよりチュニジアの地中海側は

温暖な気候に恵まれた地中海性気候。降雨も少なく、乾燥地でなかなか良いところだそうです。

ローマ帝国時代は穀倉地といわれたほどで、ブドウ栽培もフランスやイタリアよりも歴史は古くて、

かつてフランスのワインには、植民地だったチュニジア産のワインが混ぜられていたという話も。

イタリアからの旅行者も多いそうで、

「あの」エンジョイを追及するイタリア人も行くくらいなら楽しいんだろうな~。

ともあれ、美味しいオススメワインです!

買えるお店がついに登場してました@楽天→コチラ

コノスル/スパークリング/NV [そのほかの国のワイン]

チリのコノスルって、特に白ワインはコストパフォーマンスが高くて

個人的にもルネッサンスなワイナリーです。ヴィオニエとか好きだし!

そのコノスルからついにスパークリングが!

というわけでミーハーにも即買&即飲。

NEC_1494.JPG

シャルドネ、ピノノワール、リースリングという組合せ。

おっと、リースリングですか!

瓶の形も、変形ですけどちょっとオシャレ

・・・が。

むー。

むむー。

スパークリングの美味しさよりも、

なんか「苦味」が先に気になっちゃうんですよね。

温度が上がってくると今度は「ユルイ甘さ」が気になる。

むー。

むむー。

なんなんでしょう、ピノが邪魔?

今年の「ガッカリワイン・ベスト10」に入っちゃいそうです。

これ買うなら、メルシャンの「勝沼のあわ」とか買っちゃうなあ。

グリュエ ブラン・ド・ブラン 2002 [そのほかの国のワイン]

NEC_1114.jpg

堀賢一さんがお気に入りだと言っていたので、この一本を。

アメリカ帝国のニューメキシコ州の標高1300mで造られているそうです。

抜栓直後は、香りがなんとも頼りない薄さなのです・・・が、

36ヶ月熟成されている底力か、

時間をおくごとにドンドン香りのボリュームが増してくるじゃあありませんか!

コクと余韻は、やはり3000円クラス。とはいえ、熟成香がキチンと味わえます。

泡の直径もとても細やかで、確かにこれはイイ!です。(^-^)

1952年から高品質なシャンパン作りを続けるグリュエ・ファミリーは、かつてニューメキシコを訪れた際出会ったヨーロッパの醸造家グループがこの地で素晴らしいワインを作っている事実を知った。そしてこの地がスパークリングワイン作りに適した恵まれた環境であるにもかかわらず、土地をはじめとしたコストが非常に低く優れたコストパフォーマンスを生み出す場所であることにも気づいた彼らは1984年からブドウを植え始め、小さな醸造所を借りシャンパーニュ地方で培った高い技術を投入して、新しいワイン作りを始めた。1987年には初ヴィンテージにもかかわらずその高い品質は多くの評論家達を驚かせ、現在ではアメリカのワイン愛好家御用達のスパークリングワインとなっている。(こちらのお店の資料文より)

クロ・マルヴェーヌ ピノタージュ リゼルヴァ 2004 [そのほかの国のワイン]

NEC_1097.jpg

お世辞でもなんでもなく、これほどキレイなピノタージュは初めてです!

ピノタージュ独特の熟れた雑味のようなものがまったくなく、

かといってピノともちがうキャラクター

完熟のトロピカルさとか、もっさりした感じとか、やたら濃い感じもなく、

いわゆる南アのワインから、いろんなものを引き算した上に成立した、すごいバランスです。

ふわーん、ふわーんと、軽やかに。

新樽熟成12ヶ月だそうで、樽の香りが、たしかにデコレーションしています。

が、樽の使い方が、

品種の短所を消したりごまかしたりする意図で使われているのではないのです。

4年の熟成によって、樽の香りそのものも柔らかく、アルコールさえも鼻の皮膚を刺激しません。

ワインの、ブドウの香りが、とても楽しい・・・。

むむむ。

ヴィノスやまさきで飲んだのだけれど・・・2000円切ってるし・・・おぬし、やるなっ!?

KURUBIS / K de kurubis / NV [そのほかの国のワイン]

NEC_1056.jpg

先月、大丸で開催された「世界のワインチーズフェア」で

100種類くらいテイスティングした中で、ブッチギリでハマってしまった一本。

珍しい、というかチュニジア初のスパークリングワインです。

値段も手頃だったので、思わず6本買いました。(こんなの初めて…苦笑)

なんでこんなにイーストの香りが!?というくらい芳香。

そして、ひんやりとしたノド越しとあいまって、最高です!

もちろん高級シャンパーニュと互角とかいうわけではないです。

持っている要素は少ないんですけど、満足させてくれる要素は持っているというか。

最大公約数スパークリング!です。(苦笑)

いろいろ情報を知りたくなって販売していた人に質問をしてみるものの、

・2005年からつくり始めた。

・チュニジア初のスパークリングである。

・シャルドネ100%。

フランスのVINEXPOで激賞された。

・まだ日本にはいってきたばっかり。

という程度しか教えてもらえず。むむむ。

こうなれば公式サイト突入だー!

http://www.kurubis.com/

写真がきれい・・・ワイナリーもきれい・・・おお・・・

でも、書いてある内容は読めない!(汗)

とりあえず瓶内2次発酵はしているようです。

でもこの香りの秘密を知りたい!輸入元に電話して聞いてみようっと。。。

http://www.kurubis.com/vins.php?catg=kdekurubis

ゴールデンウィークに実家で飲んだヤルデンのスパークリングも美味しかったですけど、

チュニジア、イスラエルの中東地帯のワインも、資本力UPとともに、ガンガン追い上げてきてますね!


ヒースフィールド・リッジ・シラーズ2004@オーストラリア [そのほかの国のワイン]

WINE TOKYO 2008で遭遇した1本です。

NEC_0950.jpg

オーストラリアのシラーズというと

パワフル

なんですが、これはGOODです。

ふんわりとチョコ、バニラ。

口に含むと、黒系ベリー、クローブ。

余韻にしっかりただよう果実の余韻。

ボディのリッチさ、熟成感による口当たりのまろやかさ、

これは高いレベルでいろんな要素がクロス!しています。

これでいくら?

楽天で検索すると2100円くらいでGOOD。

やわらかでやさしい、ちょい濃い目のメルローに

スパイシーさがスプーン小さじ1杯くらい。

これはコストパフォーマンス高し!!!です。


前の10件 | - そのほかの国のワイン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。