So-net無料ブログ作成
検索選択
アルゼンチンのワイン ブログトップ

チャカナ/ボナルダ/2007 [アルゼンチンのワイン]

アルゼンチンワインLOVERでもあるのですが、

このチャカナという造り手は、ぎゅーっと注目しています。

ワインメーカーには、アンティノリ、コンチャイ・トロで醸造責任者を務めた

アルベルト・アントニーニ。特に、マルベックは、はずしません。

NEC_1601.jpg

で、ボナルダと品種なんですが、

なにやらゲームのキャラクターっぽい名前ですけど、

ぶっちゃけマイナー品種です。

イタリアでちょこちょこと植えられているみたいですけれど、

アルゼンチンではマルベックについで人気があるみたいです。

若さ溢れる黒みがかった赤紫色。完熟果実系。5段階でいうと3くらいの樽。

ガッツリ濃くて、度数からくるアルコール感がへヴィー級。

ようやく近づけるのは、グラスグリグリと回しに回して、

抜栓後30分たってからという。(笑)

とはいっても、チリ系のガッツリ系とはちがって、いざ飲んでみると口当たりがスムース。

このあたりがアルゼンチンワインのイイトコロ。

時間とともに甘さと、とろんとしたふくよかさ、スパイシーさが出てきます。

全体な印象としては、口当たりのいいグルナッシュみたいな。

濃い赤ワインがイケル!という人には安いし、オススメです。

最近、雑誌なんかでもアルゼンチンワインが穴場的に取り上げられてきていて

ちょっぴりうれしいです。

美味しいのに意外と目立たないアルゼンチンワインを飲みほす会 [アルゼンチンのワイン]

★ボデガ・ノートン/コセチャ・エスペシアル/NV

 うーん、爽快だけど、個性がない!!!

NEC_1044.jpg

○ボテガ・リュルトン/ピノ・グリ/2006

 ボテガ・リュルトンは安くて安定感があるシリーズですね。(^-^)

写真撮り忘れたみたいです・・・)

○ポエジア/クロ・デ・アンデス トロンテス/2005

 チリに比べて果実味が控えめなのがアルゼンチンぽいと思っているのだけれど、
 爽やかすぎかも?以前に飲んだときと比べて、果実味が乏しい印象。ボトルの差? 

NEC_1045.jpg

○ドン・ダビ/トロンテス・レゼルバ/2006

 コチラは、かっちりと樽を使っているトロンテス。これぞ典型的なトロンテス!
 バラのようなフローラル。冷やして飲むとさらにGOOD!トロンテス…穴場では!?

NEC_1046.jpg

○カテナ/アラモス シャルドネ/2006

 カテナ社のワインの美味しさは、いつもバッチリで、かてーなー。(=堅い)
 満場一致でコストパフォーマンス賞決定!いつ飲んでもうまいっス~

NEC_1047.jpg

●サレンタイン/プリムス ピノ・ノアール/2004

 ミッシェル・ロランがアルゼンチンでつくったピノ。
 ボトルの表記には「アルコール度数15度未満」。
 モレ・サン・ドニが濃度アップしたような、ちょいぽっちゃりな感じ。
 口当たりは良くて飲みやすい。

NEC_1049.jpg

●アマンカヤ/マルベック&カベルネ/2005

 この超安定はさすがラフィットグループのプロデュース
 チリの「 ロス ヴァスコス」と双璧でしょう!
 個人的にはメルローよりマルベックの独特の甘さが好きなのでコッチ派です。

NEC_1048.jpg

●トラピチェ/シングル・ヴィンヤード マルベック/2003

 100歳超の長老が管理する畑の、50歳超の古木からつくられた単一畑シリーズ。
 トラピチェは外さないですね~~~。
 メルローより骨格のあるマルベックのタンニンと甘味が詰まってます。旨いです。

NEC_1050.jpg

超大好きなイスカイの、それも2000年のを見つけたので
ラインアップに入れちゃおうと思ったのですが、

さすがに「ご臨終」してたらどうしようと心配になってしまい。。。
何本か在庫があるお店を見つけたので、まずは人柱になってみます。(汗)

トラピチェ

テラザス

カテナ

この3社は生産量とクオリティーを両立させる
素晴らしい生産者だと改めて思いました!

トラピチェ シャルドネ オークカスク 2006 [アルゼンチンのワイン]

日本のワインとおなじく、
これから飲むのが楽しみになりそうなのが、

アルゼンチンワインではないか?
と思ったりもしています。

いろいろ買い込んでありますが、
まだ放置したままになっています。

アルゼンチンのワイン会をしてみたいなー。

で、近所のスーパー
手を伸ばしてみたのがこの一本でした。

NEC_0876.jpg

ひさしぶりに飲んでみましたが
あいかわらずコストパフォーマンス最高です!

樽の香りがついていて
冷やしめで飲むとシャルドネの果実味もひんやりと◎。

そこらへんのブルゴーニュの白ワインより
よっぽどバランスと飲みやすさを兼ね備えていると思います。

大量生産しているとは思えない!

メルシャンの長野シャルドネとかと近い傾向がありますが
トラピチェには後味に、少しだけわずかに苦味があります。

(ちなみにこのワインもメルシャンの扱いでした。oh!)

が、そんな細かいことはすっ飛ばしても
この1000円という価格はまさにライバルキラーでしょう!

暖かくなってくるこれからの季節にもGOOD

※やっぱりこういう、どこでも買えて、いつも美味しいワインこそ
 ワインの裾野を広げていくパワーがあると思う。
 いずれにせよ、ワインって、売り方がまだ未開拓な気がする。



たこやき的デリシャス度=ウマイ!  コストパフォーマンス=超絶昇天!

サンタ・アナ マルベック 2006 [アルゼンチンのワイン]

アルゼンチンワイン第二弾です。
これもおなじく900円くらいでした。

こちらは
この時期の常温で飲みました。

色は黒紫で深く濃いです。
ここに落し物したら絶対に見つけられないくらいディープです。

粘性もアリ。

カシスがどっさり&プルーン
時間が経つと濃ゆいエスプレッソとか。
黒砂糖ぽい甘さも、わずかだけ。

アタックふっくらとした甘さ、
ボリューム感のある果実とタンニンが舌の上に載ってきます、
そのあと、ほのかな酸味&渋み。

チリの赤重ワインが「煮詰めた」感じの濃さに対して、
アルゼンチンの重赤ワインは「蒸留した」感じで、

相対的に若干クリアな印象がして好きなのですが、
僕だけですか?

(あと、チリワインに出会う率が高いメルカプタン?
 といわれるようなゴムぽい風味も苦手で…)

すこしだけ冷やして飲むと
さらに飲みやすくなる感じでした。

デイリーワインに大切な要素は

●まず安い
●ちゃんと美味しい
●3日持つ(普通は日常的に1本飲む体力と時間がないでしょうし)

ということだと思うのですが
このワインはクリアしていると思います。

ただし、たしかに飲みやすいんですけど、
やはりこの価格帯なりの変化に乏しい味わいで、
「金太郎飴」的にどこを飲んでも同じです。

それをコストパフォーマンスのよい安定感と呼ぶのか、
受け止め方次第でしょうか。

このシリーズはシャルドネも売っているみたいなのですが、
見かけたら買って試してみたいと思います。

正直、個人的には、コノスルよりも好印象です。
がんばれアルゼンチンワイン!(^-^)

※追伸
日本中で買いだめた日本のワインで
ワイン会をしてみたいなーと思うのですが、
ニーズってありますかね???


サンタ・アナ トロンテス 2006 [アルゼンチンのワイン]

鳥肉とか豆腐を買うついでに
近所のスーパーで買いました。
900円くらいで。

ソムリエの佐藤陽一さんが広告キャラクターらしく
顔入りの販促物がぶら下がっていましたが、
これではワインを注ぎにくいので、すぐ外しました。

まずコルクではなく、
いま流行のスクリューキャップです。

フレッシュさを味わうデイリーワインなら
むしろスクリューキャップで果実風味を
ぎゅぎゅぎゅっと密封してくれるのでイイ感じです。

注ぐと・・・

限りなく透明に近いイエローです。清涼感。
(注)写真は暗くて黄色くなっちゃってます。

香りは・・・

とってもフルーティー。
パイナップルとか白桃、というか、ライチ来てます!

かなりゲヴュルツっぽいんだけど、ちょっとキャラがちがっていて、
香りはもっと柔らかくてフローラルで、かすかに甘い感じ。リースリングちっくな要素?

ゴクゴク・・・

ほんのり甘めの香りの印象とは違って、
クールなアルコール感とスッキリしたキレがあって、

余韻にはよけいなものが残らなくて、
まさしくこれはゴクゴク系です!

鼻からクールなフルーティーが
味はすっきりキレるキレる。

これは危険です!(笑)

手軽さでも、コノスル系とおなじ感じ。
中身はこっちのほうが、かなり好き。

シャルドネともリースリングとも
ゲヴュルツともヴィオニエとも違う新しい出会いがなにより楽しい。

冷やして、さくっと飲みたいときにはオススメ!
コストパフォーマンスが最高です!

http://www.asahibeer.co.jp/area/01/santaana/index.htmlより

トロンテス(Torrontes)
アルゼンチンを代表する白ワイン用ぶどう品種。原産地はスペイン。
赤ワイン用ぶどう品種マルベック種同様、世界中から再評価を受けている品種のひとつです。
そのワインの大きな特長は、独特の華やかなブーケ。
フレッシュなマスカット、ジャスミン、ライチや、シトラスのような豊かな香りが広が印象的です。
生のブドウを食べるような爽やかなニュアンスと適度のコクをもった、
美しいスタイルの味わいに仕上がります。


極私的アルゼンチンワインYEARのはじまり [アルゼンチンのワイン]

チリのワインの濃厚さがどうも苦手でして・・・
山脈越えてみると、そこはアルゼンチンでした。

日本の真裏。
ワイン生産量世界第5位。

緯度的にはチリと同じでも
やっぱりキャラクターがちがって(当たり前かもですけど!)

なんか生理的にハマったんです。
というか、実は、日本人向けの味のではないかと思います。

典型的なのは赤ワイン品種の味わい。

「剛」のチリ代表カルメネールと
「柔」のアルゼンチン代表マルベック。

北斗の拳にたとえるならば!
ラオウvsトキ
といった感じでしょうか。
ひとことでいえば「飲みやすい」と思います。

ポテンシャルもすごいです。

(理由1)年間降雨量が少なく
(理由2)全般的に栽培が高地で行われているため昼夜の温度差が激しいので
(理由3)適切に葡萄は熟すし、収穫を待つ余裕がある
(理由3)しかもアルプス山脈の神様がくれる天然ミネラル雪解け水で葡萄が育つ

という、楽天のマー君級です。
ついでにいまのところ、安い。

かつて1990年代のワインブームのころ、
チリワインの需要と輸入量が急増したために

フランスワインの価格が相対的に2割ほど下落した局面があったそうな。
(もちろんリアルタイムには知らないんですけど)

ということは、
現在のフランスワインの狂乱物価に冷や水をかけてやるとすれば・・・

いまチリワインをもっと飲むのが効果的ではないか!?

チリが苦手なのでアルゼンチンを飲みまくればいいのではないか!?

おお、これは大発見だ!

と思考もヒートアップしてしまった次第であります。

では、いま現在アルゼンチンって、
どんな品種が盛り上がって栽培されてるか?と調べてみると
http://www.jetro.go.jp/biz/world/cs_america/ar/info/pdf/0203_wine.pdf

マルベック・・・56%増(2000年現在1990年比)
ボナルデ・・・22%増

トロンテス・・・6%減
テンプラリーニョ・・・24%減

カベルネソーヴィニヨン・・・400%増
メルロー・・・400%増

シャルドネ・・・400%増
ピノノワール・・・400%増

シラー・・・1100%増

 「 1 1 0 0 % 」 っ て ど ー な っ と る ん で す か ! ! ! 

ちなみに上の数字からもわかるように、
生産量の80%は赤ワインだそうです。

海外でウケる品種に猛烈な勢いでシフトしてますね。
もっと日本にも届いてほしいです。

去年の6月にはアルゼンチン大使館がテイスティングイベントを開催したそうで、
今年もあるのならどんな手を使ってでも侵入したいと強く思う次第であります。

あ、飲んだワインのこと書くの忘れてたので、つぎに続きます!


アルゼンチンのワイン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。